まずはこれがあれば大丈夫。猫を迎える必要アイテム3選

猫と暮らすための必要アイテムとは

猫と暮らすためには、猫を出迎える前に必要なものを揃えなくてはなりません。我が家も猫を迎え入れるのは初めてでしたので、何を用意していいのかわからない。猫と暮らす経験が初めてだった我が家が頼ったのはネットでしたが、世の中に猫グッズが溢れていて結局のところ、何が必要なのかがわからなくてかえって混乱。今回は我が家が実際に経験して学んだ、『まずはこれがあれば大丈夫!』というモノをご紹介したいと思います。

猫と暮らすためのマストアイテム3点!

まずはこれがあれば数日は乗り越えられると思えるアイテムのみをご紹介します。他にもあったほうがいいもの、必要なものはありますので、徐々に揃えていくのもいいかと思います。

1.食器&ご飯

ご飯とお水をあげるお皿は、毎日使うものだからこそこだわりました。個人的に納得のいくもの、かつ、かわいいものを使いたいな、と思い、選んだ食器は猫壱さんのハッピーダイニングシリーズを購入しました。SNSでもこのシリーズを使っているフォロワーさんが多いなぁという印象です。

■ハッピーダイニングボウル

■ウォーターボウル

実際に使って見て思うことは、容器自体にある程度の高さもあるので食べやすそうです。今は我が家の猫もまだ若いほうですが、猫が年齢を重ねてくるとかがんで食べるのが大変になる場合もあるとネットの記事で見かけた記憶があり、小さなうちから高さのある食器に慣れて欲しいと思ったのも理由のひとつです。我が家では使ったことがありませんが電子レンジなどにも対応しています。

猫壱さんのハッピーダイニングシリーズはシーズン限定のデザインなども発売されているので、お気に入りのデザインが見つかると思いますよ!

■ご飯

きちんと猫の成長に合わせたご飯を用意することが何より大切です。生後1年経っていない猫には栄養バランスがしっかりしている子猫用のご飯が必要になります。我が家はブリーダーさんの家と同じご飯を用意しました。

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

2,950円(11/22 04:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

2.トイレ

必需品すぎるほどの必需品です。これがないと、猫はトイレができません!!!トイレも探してみると、意外と色んなタイプのものがありますが、システムトイレを使っている人が多い、との情報をキャッチしたので我が家もシステムトイレを用意しました。システムトイレも色々ありますが、我が家はユニ・チャームのデオトイレの一式を購入しました。月に1回ほど砂を丸ごと取り替える時に、解体して掃除するのが少々手間ですが、トイレの砂もそこまで飛び散りませんし、フタがついているからか、匂いも特に気になったことはありません。個人的な感想ですが、フタの上に物が置けるので(勝手に置いてるだけですが)便利です。

砂も色々なタイプが出ていますので、猫の好みによって使ってみるとよいかと思います。猫によっては砂が気に入らないとトイレをしないと言われていますので、砂を変えてからしばらくは様子をきちんとみるようにしましょう。

3.キャリーバッグ

猫を引き取りに行く時に必要なキャリーバッグも最初に必要なアイテムだと感じました。もちろん、それだけではなく病院に行く場合など思っている以上に活用シーンが多いです。キャリーバッグを探してみると値段は本当にピンキリ、デザインや素材も様々です。安いバッグを探せば2000円代で購入できますが、我が家は帰省などで活用するシーンも増えそうだったので、安さで妥協せず、大きさ、機能性、デザインもすべて納得した上でちょっと高めのバッグにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「送料無料」AWパラフィンキャリーバッグ(M)
価格:15120円(税込、送料無料) (2018/9/23時点)

楽天で購入

実際使ってみると、小窓がたくさんついているので隙間から猫の様子を知ることができるのが便利です。反対に猫が隠せる様にできる布もついていて、電車移動する際などで猫が苦手な人に出会う可能性のある公共の場では大活躍です。我が家の猫は首輪ができないので使っていませんが、首輪とバッグを繋ぐ紐のようなものもついています。これで、突然の脱走も防げるようになっています。キャンバス生地のような素材なので、折りたたむこともできるので、使用しない時はコンパクトにして、場所を取らずにしまえるのも高ポイントでした。

唯一困ることといえば、ブラックを購入してしまったため、猫の毛が目立つことでしょうか(笑)毛をとっても、とっても、次から次へとバッグに猫の毛がついてしまい、目立ってしまいます。気になる方は目立たないベージュなどを購入するのもいいかもしれません。急な災害などの場合にもキャリーバッグを使う場合も考えられるので、小さいうちからキャリーバッグには慣れておいてもらうことが本当に大事なように思います。

迷って購入しなかったもの

実はブリーダーさんからはケージを用意するように言われていました。ケージも色んなタイプのものがありますが、個人的に狭いケージの中だけでしか生活できないことがかわいそうに思ってしまい、我が家では購入を見送りました。

我が家ではケージは必要なかったと思っていますが、SNSでフォローさせていただいている方の投稿をみると、結構ケージを使っていらっしゃる方は多い印象でした。どちらがいいのかはハッキリと断言できませんが、我が家はゲージがないからか、部屋中を元気にのびのび駆け回っています。

最後に

まずは今回ご紹介したアイテムがあれば、数日はなんとかなると思います。あとは猫のおもちゃやリラックスグッズなど時間をかけながら吟味していくのがよいのかなーと思います。見ればみるほど、猫のおもちゃやグッズが欲しくなってしまいますが、猫の好みなどもあると思うので、猫を迎える前に購入するわけではなく、少しずつ増やしていくのが正解なような気がしています。