猫が好きすぎる『CIAOちゅーる』の魅力とオススメの活用方法

猫を虜にする『CIAOちゅーる』の魅力に迫る

すっかり秋めいてきましたね。秋といえば食欲の秋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ということで、今回は食欲の秋にちなみ数々の猫を魅了する猫のおやつである『CIAOちゅーる』の魅力について迫ってみようと思います。

改めて知ろう。『CIAOちゅーる』って何!?

ここで改めて『CIAOちゅーる』について知りましょう。『CIAO(ちゃお)ちゅーる』とはペースト状の猫のおやつです。いなばペットフード株式会社から発売されており、まぐろやかつおといった猫が好きそうであろうフレーバーだけでなく、様々な味のフレーバーが発売されています。ちなみに我が家の猫は『とりささみ味』が大のお気に入りです。

また、子猫用や老猫用向けに作られたものや毛玉ケアなどを目的としたちゅーるも発売されており、猫の成長やタイプ、好みによって選べるところも高ポイントです。お値段も手を出しやすいリーズナブルな価格設定になっているので飼い主目線で考えても嬉しい一品です。

チャオ ちゅ~る 子ねこ用 まぐろ 14g×20本

チャオ ちゅ~る 子ねこ用 まぐろ 14g×20本

838円(05/21 10:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

さらにはチューブ状になった『CIAOちゅーる』ならぬ『CIAOちゅーぶ』も発売されています。今年の夏にはちゅーるがセットになったお中元ならぬ『おちゅーる元』が数量限定で発売されて、大人気になりました。『CIAOちゅーぶ』といい『おちゅーる元』といったネーミングセンスも面白いですよね。

チャオ (CIAO) CIAOちゅーる ちゅ~ぶ とりささみ 80g

チャオ (CIAO) CIAOちゅーる ちゅ~ぶ とりささみ 80g

218円(05/20 17:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちゅーるの原材料とは?

まぐろ味の場合になりますが、ちゅーるのまぐろ味の場合の原材料は下記の通りです。

原材料 まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素

『CIAOちゅーる』は原材料をみてもわかるように、猫にとって必要な栄養素のバランスが取れた総合栄養食ではありません。ちゅーるだけでは猫にとって必要な栄養素は補給できないので、あくまで猫のおやつとして与えるようにしましょう。

『CIAOちゅーる』と対峙した猫の反応

ちゅーるを与える頻度は1日4本までとされています。先ほどもお伝えしましたが、栄養バランスに優れている総合栄養食ではないのですからね。あげすぎもよくないのです。あげすぎて、ご飯を食べてくれなくなっても困っちゃいますからね。

・・・・でも、それは人間の都合。お猫様にとっては関係がなかったりします。お猫様はいつだってちゅーるが欲しいんです。このおねだりとの戦いに負けてしまう飼い主も多いと思います。

我が家の場合はこうです。

食いつきがハンパねぇって!!!

取られないように、飼い主の腕をホールド

完全にちゅーるの魅力に取り憑かれている猫。確かにちゅーるの封をあけるとふわっと匂いがします。匂いがして寄ってくるならわかりますが、我が家はちゅーるの形状を覚えているらしく、それっぽいものを見ると、喉をグルグルならして寄ってきます。

ちゅーるっぽい形状をちゅーると勘違い

↑この時点で喉グルグル鳴らして『ちゅーるだ!』と喜んでいる・・・・・人間が食べるゼリーなんだけど・・・・・・

↑いつまでたってもくれないから、ちゅーるもどきへ突進。

我が家の猫は『ちゅーる』というフレーズだけ聞き分けができているような気がします。『ちゅーる』というと、寄ってくるか、ニャーと鳴きます。

知っておくと便利!『CIAOちゅーる』はこんな時にも使える!!

CIAOちゅーるはおやつとしてあげる方がほとんどだと思いますが、実はこんな時にも使えます。先ほどもお伝えした通り、あげすぎはダメですがこんな時にちゅーるを使うことで猫も飼い主もお互いハッピーになれるような気がしています!

ちゅーる活用方法①水分補給の場合に!

CIAOちゅーるは水分を多く含んだおやつなので、食べることで水分補給も兼ねることができます。水分をあんまり摂ってくれない猫ちゃんには水分補給の意味合いも兼ねてあげるのはよいでしょう。我が家の場合は真夏はCIAOちゅーるを凍らせてシャーベット状にしてあげたりもしていました。夏は猫にとっても暑かったのでしょう。ちょっと溶けかけたシャーベット状態がちょうどよかったのか、喜んで食べていました。

ちゅーる活用方法②苦手な薬を飲ませる時に!

猫に薬を飲ませたことがある飼い主さんならわかると思いますが、猫に薬を飲ませることって結構大変だったりします。人間も苦い薬飲む時は憂鬱な気持ちになりますよね。それは人間だけでなく猫も同じということです。実際に猫に薬を与えてみると大変さがわかるのですが、錠剤の薬は難易度が高い印象です。頑張って口を開けてもらってどさくさに紛れて飲ませても『ペッ』で吐き出されることもあるんですよね・・・・我が家の場合は錠剤を飲んでくれたところまではよかったものの、口の中のどこかに薬を隠し、しばらくしたら『ペッ』って出してくる確信犯の時もありました。

その一件があってから、我が家では錠剤を飲む場合はちゅーるの力を借りています。やり方はとってもシンプルで錠剤を猫の口に入れた瞬間に、ちゅーるを差し出し、ちゅーると一緒に薬を飲み込んでもらう方法です。我が家の場合はこれで一発成功です。友人の家の猫はお皿の上に錠剤の薬を置いて、その上にちゅーるをかけるそうです。場合によっては錠剤を細かくしてわからなくする場合もあるそうです。ちゅーると一緒にお薬を飲み込んでくれるそうですよ!お薬に苦戦している飼い主の皆さま、ぜひ試してみてください!

ちゅーる活用方法③ブラッシング、お風呂、爪切りのご褒美に!

ブラッシングやお風呂、爪切り・・・・どれも猫にとって必要なお手入れなのですが、猫ちゃんにとっては苦痛の時間と思う場合もあります。そんな時に『苦手なお手入れを頑張ればご褒美がもらえる』と思ってもらう手段としてちゅーるをあげることは方法のひとつかと思います。

最後に

猫が愛してやまない『CIAOちゅーる』もただあげるだけでなく、違った目線で考えてみると、かなり使えるアイテムになります。

我が家の猫は美味しいものをあげ続けてしまうと、ドライフードを食べなくなってしまうので、毎日あげることは控えていますが、お薬を飲ませる時は苦戦するケースが多いので、困った時はフル活用しています!猫だってお薬は苦手ですからね。頑張ったご褒美をあげることも大切ですよね。夢中で食べるくらい猫にとって大好きなおやつですが、あげすぎには注意しつつ、素敵なCIAOちゅーるライフを送りましょう。

それではまた!