大事な栄養源。我が家の猫のドライフード遍歴と評価

猫のご飯について

今日は猫の大切な栄養源である猫のご飯について書いていこうかと思います。
人間にとって食事は体や健康をつくるとても大切なものですよね。当たり前ですがそれは猫にとっても同じです。

最近はたくさんのキャットフードが販売されているので、飼い主としても、猫にとってどれを与えるのが一番良いのか、というところはすべてのキャットフードを試したわけではないので、答えが出ていないというのが本音なのですが、今日は我が家の猫が食べたことのあるキャットフードについて書いていこうと思います。

ドライフードとウェットフードの違いとは?

猫のご飯にはドライフードとウェットフードがありますよね。この違いについても知っておいたほうがいいでしょう。

ドライフード

小さな粒になっているご飯のことです。別名『カリカリ』とも呼ばれています。栄養バランスに優れたフードが多く、『総合栄養食』と呼ばれるフードも多いことも特徴です。

同じブランドでもフレーバーの違いはもちろん、避妊した猫用や毛玉ケア用のフードなど様々なタイプのフードが発売されているので猫の好みによって選びやすいブランドもあります。

ウェットフード

水分を多く含んだ猫のご飯のことです。パウチタイプや缶詰になっているフードが多いですね。栄養バランスはドライフードに劣りますが、ドライフードより味がついているのでウェットフードを好む猫は多いですね。我が家も以前は上に乗っているウェットフードだけキレ〜〜イに食べて、その下のドライフードを残されたことがよくありました。

水分を多く含んでいるので、水をあまり摂らない猫の場合はウェットフードから水分を摂らせることができるので、場合によってはウェットフードも大変便利です。

猫は肉食動物。主原料にはこだわりましょう

猫は魚を加えているイメージなので、魚がいいんでしょ!?って思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は猫って肉食動物なんです。野良猫時代にはネズミや鳥を狩ってそのまま食べていたくらいの完全肉食動物なんです。

室内で飼っている猫いえど、肉食動物です。そのため、我が家は主原料が穀物になっているものは選びません。主原料が穀物になっているフードは確かにリーズナブルですが、食事は生き物にとっては本当に大切なものだと思うので、我が家は『穀物フリー』を選んでいます。

とはいえ穀物が絶対ダメということではなく、きちんと加工された穀物であれば猫にとって必要な栄養になる場合もあるようです。あくまで我が家の場合は『穀物フリー』を選んでいる、とご認識いただければと思います。

我が家の猫のキャットフード遍歴

数あるキャットフードのすべてを試したことはありませんが、これまでに我が家の猫が食べたことのあるキャットフードをご紹介したいと思います。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

2,775円(12/19 08:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

子猫時代の食事はすべてロイヤルカナンでした。特に理由はなくブリーダーさんの家がロイヤルカナンのキトンを食べさせていたということもあり、フードを突然変えるのはよくないという理由から同じものを選択しました。

ロイヤルカナンの評価
食いつき
(3.5)
値段
(4.0)
種類
(2.0)

当時はロイヤルカナンのウェットフードも併せてあげていたこともあるのかもしれませんが、成長期と言うこともあり食いつきはよかったので満1歳になるまでこちらだけをあげていました。子猫用のフードは一種類しかないので星2としていますが、成猫用のフードはたくさん種類があるので目的や年齢に応じてフードを選べるかと思いますよ!

ナチュラルチョイス

満1歳を過ぎ、たどり着いたのがナチュラルチョイスのフードでした。こちらもフレーバーや目的に併せてフードが選べ、お値段も高過ぎず安過ぎない価格設定。我が家は穀物フリーのアダルトサーモンをあげていました。

ナチュラルチョイスの評価
食いつき
(3.0)
値段
(4.0)
種類
(4.5)

ちょうどこの時期にドライフードの保管方法に失敗し、猫がまったくドライフードを食べてくれない時期と重なっているため食いつきを3としていますが、SNSでフォローさせていただいている猫仲間の飼い主さんはナチュラルチョイスをあげている飼い主さんが結構いらっしゃいました。

我が家は飼い主の失態でドライフードの質を悪くしてしまっていたので、保管方法をきちんとしていたら、もっと食べてくれたのかもしれませんので、食いつきは少し参考にならないかもしれません。

オリジン

ナチュラルチョイスの食いつきが悪くなった時に、ワラにもすがる思いで購入したのが『オリジン』でした。1キロあたりの値段を見てもわかるように、キャットフードの中では高価な値段設定になりますが、ホームページを見ると原材料や製造方法にかなりのこだわりがあることがわかります。個人的にはフードを作る場所のことを『工場』と呼ばずに『キッチン』と呼ぶあたりも本当にこだわりと愛情を持ってフードが作られているのだと感じます。

オリジンの評価
食いつき
(4.5)
値段
(2.5)
種類
(2.0)

こだわりの製法もあってか、猫の食いつきはよかったですね。ただ、お値段と種類は他のブランドに比べても値段が高かったり、種類が少ないので味を色々試すことができないというネックはあります。

ワイルドレシピ

キャット ワイルドレシピ アダルト 白身魚 チキン 成猫用 2kg

キャット ワイルドレシピ アダルト 白身魚 チキン 成猫用 2kg

3,050円(12/19 08:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ナチュラルチョイスの兄弟ブランドのワイルドレシピ。以前は店頭で見かけることがなかったので、おそらく発売されたのはここ1年くらいの間ではないでしょうか。オリジンをあげ続けたかったのですが、値段が少し高めなので、別のフードを探している時に出会ったのがコチラでした。

ワイルドレシピの評価
食いつき
(4.5)
値段
(3.5)
種類
(3.0)

このフードがダメならオリジンにする予定だったのですが、気に入ってくれたのか、食いつきがいいので今はこのフードをあげています。ナチュラルチョイスの上位版?のような位置づけなのか、ナチュラルチョイスより少し値段は高くなりますが、高タンパクで穀物フリー。

種類が少ないことがネックではありますが、我が家の猫は白身魚(肉食動物なのに!笑)が好みのようで、このフードにしてからフードを残すことがほとんどなくなりましたね。食べなくなったら、またフードを考えないといけませんが、しばらくはワイルドレシピにお世話になりそうです。

最後に

今はたくさんの種類のキャットフードが出回っていますので、どれがいいかは猫によっても違いますし、正解はないのだとも思います。結局は猫がおいしく食べてくれることが一番なのかな、とも思います。

ちなみにドライフードは質のいいフードであることも大切かもしれませんが、フードの保管方法もかなり大切ですよ!我が家はドライフードは真空容器で保存をしています。保存方法を変えてから、猫の食いつきも変わりました。

便利すぎ。猫のドライフードの保存はコイツにお任せ!

我が家は今はワイルドレシピで落ち着いていますが、他にも気になるフードとしては『HALO』、『アボ・ダーム』、『アカナ』あたりも気になっています。試すことがあったら、またドライフードのレビューをしてみたいと思います。

それではまた〜!