いつもトイレは清潔に。猫はとってもキレイ好き!

猫のトイレについて

今日は大切な猫のトイレについて書いてみようと思います。猫を飼っている方であれば必ず猫のトイレを用意されているかと思いますが、猫のトイレのお手入れも実はとっても大切な飼い主の役目の一つです。また猫のトイレチェックは猫の健康状態を知る上でもとっても大切なことなんです。猫のトイレの重要さ、そしてお手入れの大切さについてぜひ知っておきましょうね。

猫のトイレの種類とは

猫のトイレも昔からあるシンプルなトイレから最近は全自動のトイレまで様々なトイレが存在しています。飼い主の周りの猫飼いもそうですが、最近ではおしっことウンチを分けるタイプのシステムトイレを使っている方が一番多いのではないでしょうか。でも、実は探してみるとシステムトイレ以外にもトイレが存在しているんですよ。トイレの形状やタイプの猫によって異なるので、きちんと猫にとってトイレをしやすいトイレを見つけてあげることが重要です。

オープントイレ

リッチェル コロル ネコトイレ 48 ベージュ

リッチェル コロル ネコトイレ 48 ベージュ

1,034円(12/11 02:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

昔ながらにあるオーソドックスなトイレです。トイレの底が平らなので、おしっことウンチを分けてくれるシステムトイレを違っておしっこを下に流してくれないので、猫がトイレをするたびにトイレをキレイにしてあげないといけません。フタがないので、猫が砂をかいたりするとトイレの外にまで砂が飛び散る可能性も多いですが、おしっこの色などがわかるので猫の健康のバロメータを知るにはわかりやすいトイレと言われています。

余談ですが、叔父の家の猫はオープントイレでしかトイレをしないとのことで、システムトイレが使えないと嘆いていました。我が家も猫と暮らすまでは猫のトイレは叔父の家で見かけたオープントイレしか存在しないと思っていたほどです。

システムトイレ

我が家が使っているがこのシステムトイレです。2層式のトイレになっていて、おしっこを流してくれるすのこの下に専用のおしっこ吸収シートを敷いておしっこシートにおしっこを吸収させます。ウンチは毎回取り除いて掃除する必要がありますが、おしっこはすのこの下に流れておしっこ吸収シートに吸収されるので、おしっこにたびにトイレを掃除する必要がなくて手入れが楽なのがウリのひとつです。おしっこの吸収シートは吸収力がいいのでだいたい1週間に1度交換ですみます。すのこの上にはシステムトイレ専用の砂を使います。

専用の砂やおしっこ吸収シートに消臭効果がついているものが多いので、トイレのニオイが気にならないメリットもあるかと思います。ドーム型になっているシステムトイレだと、さらにニオイがにしくく、猫の砂も飛び散りにくいというメリットもあります。実際にドーム型のシステムトイレを使っている我が家で猫のおしっこの匂いが気になったことはありません。強いてデメリットをあげるとすれば、フタでトイレ全体が覆われているので猫がおしっこやウンチをした時に気づきにくい点でしょうか。とはいえ、今のところ使い勝手もよく、猫も毎日慣れたように用をたしてくれます。

上からトイレ

横からではなく上から猫が入ってトイレをするタイプもあります。我が家も最近このタイプのトイレに興味を持っています。女優の石田ゆり子さんのおうちもこのトイレを使っていますね。SNSのフォロワーさんでもこのタイプのトイレを使われている方が多いのですが、デザインがスタイリッシュでトイレっぽく見えないという理由や猫のウンチのはみ出し防止目的で導入されている方もいましたね。個人的には上に入り口があるので、砂が飛び散らないというところも気になるポイントです。従来のシステムトイレだと、猫が用を足した後にどうしても砂をかく時に小さな粒がトイレの周りに飛び散ってしまうのですが、今、一番気になっているトイレです。

全自動トイレ

初めて知った時はびっくりしましたが、猫の全自動トイレっていうのがあるんですよねーー!!どういうものかと言うと、猫がトイレに入ったことをセンサーが検知して、猫がトイレを済ませたら感知して、自動で砂を下に落としてトイレをキレイにしてくれるそうです!すごい革命的な商品ですよね。下に落とされた排泄物はもちろん定期的に取り出して掃除をする必要はありますが、ついにロボットの世界はここまできたのかと驚かされます。もう少しお手頃に買える値段であれば本格的に興味を持ちますが、値段との兼ね合いを考えると我が家では購入には至りませんが、仕事で忙しくてなかなかトイレのお手入れができない方や、多頭飼いで入れ替わりで猫がトイレをするような家庭には便利なトイレかもしれません。

猫はとってもキレイ好き。お手入れはマメに!

猫ってすごくきれい好きな生き物なのです。そのため、トイレはいつも清潔に保っていてあげる必要があるのです。

トイレが清潔じゃないと、トイレを我慢してしまう猫や我慢をしすぎて膀胱炎になってしまう猫もいるようです。人間もトイレを我慢すると膀胱炎になるように、猫も同じ症状になるんですよ。我が家の猫は膀胱炎の経験はありませんが、お世話になっている動物病院の獣医さんに聞いてみたところ、膀胱炎でやってくる猫ちゃんはいるようで、トイレを清潔に保つことは猫と暮らす上でとても大切だと念を押されました。仕事で家をあけることが多くて、トイレをマメに掃除できない場合はトイレの数を増やすのも一つの方法だともアドバイスをもらいました。

確かに人間で考えてみても、汚いトイレに入るのって躊躇します。例えば、トイレに入った時に前の方の用を足したあとが残っていると、別のトイレを使おうと思いますよね?そう考えると、猫だって前に用を足したものが残っているトイレに入りたくないと思うのは当然のことのように感じます、すぐにトイレの掃除ができないのであれば、獣医さんのアドバイスのように、もうひとつトイレを置くというのも一つの方法ですね。

我が家のトイレの使い方とは

先ほど我が家はシステムトイレを使っているとお伝えしたのですが、本来のシステムトイレとは違う使い方をしています。システムトイレはユニチャームのデオトイレを使っています。

本来であればデオトイレ専用の砂を使うのがセオリーなので、最初はデオトイレ専用の砂を使っていたのですが、専用の砂だとトイレに流せる砂がありません。ウンチを燃えるゴミの日まで取っておくことが少しネックになってしまい、砂をトイレに流せるタイプに変えることにしたのです。デオトイレ専用の砂も燃やせるゴミに出せるのでそこまで大変ではないのでは?というご意見もあるかと思いますが、燃やせるゴミも毎日回収にくるわけではありませんし、トイレに流せる方が処理が楽でいいなぁと思ってしまったのです。もちろん、砂を変えることによって猫がトイレをしなくなったらデオトイレ専用の砂に戻そうと思っていましたが、問題なく使ってくれているので、我が家はトイレに流せる砂を使っています。(砂ひとつでも猫の好みがあり、砂が変わるとトイレをしなくなる猫もいるそうです)

ニオイをとる砂 ニオイをとる紙の猫砂 10L

ニオイをとる砂 ニオイをとる紙の猫砂 10L

837円(12/11 02:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

本来と違った使い方をしているため、すのこの上の砂の部分でおしっこが固まるので、おしっこの場合もそのたびに処理をしてあげなくてはなりませんが、固まりきらなかったおしっこは下の吸収シートに流れてくれるので、それはそれで便利です。

我が家のトイレの掃除のタイミング

先ほどもお伝えしましたが、猫はとってもキレイ好きと言うことで、我が家では砂を1袋使いきったタイミングでシステムトイレを解体して、洗うということをルールとして決めています。だいたい、頻度でいうと1ヶ月〜1ヶ月半に1回くらいの頻度でしょうか。意外と洗うのが大変なので、つい億劫になってしまうのですが、キレイ好きの猫のことを考えたらやらないわけにはいきません!解体するとそこそこ大きなサイズになるので我が家で洗う時はお風呂場です。洗うのも大変ですし、それをベランダまで運んで天日干しするのも大変ですが、キレイになったトイレを組み立てて、新しい砂を入れておしっこ吸収シートを敷くのはなかなか気持ちがよかったりもします。

我が家の猫も掃除が終わって組み立て終わって、トイレをいつのも場所に置くと『待ってました!』といわんばかりにトイレに入って用をたしてくれます。人間にとっても清潔がいいものは猫にとっても清潔がいいのだなぁと思わされます。

最後に

普段なにげなく掃除しているかもしれない猫のトイレですが、猫のおしっこの色やウンチの形は健康のバロメーターとも言われています。実際に我が家の猫は過去に1度だけ下痢をしたことがあります。慌てて病院に連れて行ったところ、悪玉菌の繁殖と結膜炎と診断されました。そんな状態になるまで気づいてあげられなかったことを当時はとても反省しました。

猫の些細な体調不良のサインを見過ごさないで!

毎日トイレの確認をするように飼い主も癖づけて、猫のささいな変化に気づいてあげられるようにしましょうね。