猫連れの帰省。電車や新幹線の利用で気をつけている事とは?

ペットを連れた帰省

年末年始やGWなど長期休暇中に遠方に住む実家へ帰省したりしますよね。関東に住む我が家ですが実家は関西エリアにあり、長期休暇の時は実家に帰省することが多いです。猫と暮らすまでは自分の身一つで気軽に帰省ができましたが、猫と暮らすようになってからは帰省も少し大変になりました・・・。当然のことながら猫をお留守番させて帰省はできません。かと言って慣れないペットホテルに預けるなんてできない。そうなると、猫を連れて帰省することになるのですが、車がない我が家は公共交通機関を使っての帰省になるので、やっぱり神経は使います。

今回は我が家が猫を連れて帰省する時に気をつけていることを書きたいと思います。

ペット連れの公共交通機関の利用について

ペットを連れて公共交通機関を利用する場合、キャリーケースの中にきちんと入れておくことが大切です。やはり公共の場にはマナーやルールがありますし、動物が苦手な方もいますので配慮はとても大切だと感じます。公共交通機関にはいろんな交通機関がありますが、交通機関ごとにルールが設けられている場合がほとんどなので、ペットを連れて帰省する際には利用する交通機関のホームページでペット連れの移動に関するルールを確認するようにしておく必要もあると思います。多くの交通機関が『手回り品』としてであれば、ペットの持ち込みを許可しています。

『手回り品』って何?

我が家はペットと帰省するようになるまで『手回り品』の存在すら知りませんでした。手回り品のルールについてもきちんと把握しておきましょう!

手回り品とは?

手回り品は原則として、縦・横・高さの合計で250 ㎝、長さ2 m、重さ30 ㎏以内のものを最大2つまで持ち込むことができる
引用:ウィキペディア

例えば電車を利用する場合、ペットが入ったキャリーケースはこの『手回り品』扱いになります。ペットを連れて電車に乗りたい場合は窓口で手回り品きっぷを購入する必要があります。

我が家の猫連れ帰省の対応

それでは、ここから実際に我が家で帰省する時のエピソードをご紹介したいと思います。我が家が利用する公共交通機関は電車と新幹線です。猫にとっては長距離の移動になるのでストレスがかかってしまうことはわかっていますが、なるべく猫にとってストレスがないように、かつ、周りの方にご迷惑にならないように我が家なりに心がけています。

猫連れ帰省:事前準備

猫がキャリーケースの中でトイレしたくなってもいいようにキャリーケースの底におしっこシートを敷いておきます。実際にシートの上で用を足した経験はありませんが、念のためです。また長距離の移動は猫にとって少なからずストレスになるため、少しでもストレスが軽減できそうな工夫をします。我が家の場合はお気に入りのおもちゃや飼い主の匂いがするアイテムをキャリーケースの中にいれます。移動する季節に応じて工夫する場合もあります。暑い夏場は保冷剤をタオルに包んで入れたり、寒い冬場はカイロをタオルで包んで入れて暑さ・寒さ対策もしています。

今回キャリーケースの中に入れたおもちゃは、最近お気に入りのけりぐるみと飼い主の匂いがついているであろうフェイスタオルにしました。

友人の猫飼いは長距離移動の際に袋に入れた猫のウンチをキャリーケースに入れているそうです。猫が自分の匂いを感じることができていいんだとか。『なるほど』と思うものの、実際我が家では実践したことはないのですが、ご興味のある方は試してみてください。

猫連れ帰省:電車に乗る場合

最寄りの駅で手回り品の切符を窓口で購入します。JR東日本の場合になりますが値段は距離に関わらず280円です。

購入する時に駅員さんから手回り品の切符の提示を求められたら提示するように言われますが、実際にこれまで提示を求められたことはありません。でも目的地に着くまで切符は捨てないようにしましょう。我が家は猫を連れて電車に乗る場合は席が空いていても座りません。キャリーケースは大きいので周囲の方のご迷惑になる可能性がありますし、隣に猫アレルギーの方もいる場合も考えられるので、なるべく人の少ない車両を選び、なるべく端っこでキャリーケースが見えないようにしています。

猫連れ帰省:新幹線に乗る場合

新幹線に乗る場合も、キャリーケースを見えないように隠します。猫にとって大きな音はストレスになるので、新幹線の音を少しでも軽減できるようにという配慮と、隣に猫アレルギーの方が座った場合などを仮定しています。夏場はバスタオルやブランケットを持ち込んでキャリーケースの上からかけて、冬場は自分が着ていたコートを上にかけています。

この効果がどれほどあるのかはわかりませんが、今のところ、新幹線で隣に座った方からクレームをもらったことはありません。また、もし猫に何か異変があった場合でもすぐ気づくことができるように、キャリーケースは上の荷台に置きません。

猫連れ帰省:猫の様子を見る場合

我が家の関東から実家のある関西までの移動はドアtoドアで4時間前後かかります。色々と負担をかけない工夫をしていても、やはり猫が心配になるものです。我が家の場合は、最寄り駅の改札に入る前におやつをあげるようにしています。新幹線でどうしても心配になった場合はキャリーバッグごと持ってデッキまで移動し、チャックを小さく開けて様子を確認するようにしています。猫の様子を見る場合でも、なるべく周りの方の迷惑にならないように気をつけています。

最後に

今回は新幹線と電車の場合の話をメインにしましたが、改めて調べてみると飛行機やバスでもペット連れの場合は様々なルールがあるようです。世の中には動物が苦手な方がいらっしゃいます。周囲に迷惑がかからないようにするのも、飼い主の努めだと思いますし、周囲との摩擦がない方が飼い主にとってもペットにとってもストレスが軽減しますよね。

例えば、我が家は猫連れでタクシーを利用する場合がありますが、乗車の前に必ず運転手さんに『猫がいるけど問題ないか』を確認します。猫がいることを伝えて乗車を拒否されたことはありませんが、運転手さんが猫アレルギーの場合も大いに考えられますからね。お互いがストレスなく、思いやりを持って接することが大切なんだなーということも猫と暮らして改めて学ばせてもらったことのように思います。