猫飼いを悩ませる猫の防寒対策って結局何がいいの?

毎年の冬の課題・猫の防寒対策

冬。寒いです。人間でも寒いと感じるのですから、きっと猫も寒いでしょう。猫飼いの皆さま、人間の防寒対策だけでなく、猫の防寒対策も進んでおりますか。我が家は人間の防寒対策は後回しにして、猫の防寒対策を始めています。とはいえ、かれこれ猫と暮らし始めて3年ほど経過していますが、いまだに猫にとって一番いい防寒対策はなんなのだろうか、という疑問は消えません。毎冬、勉強の日々ではあるのですが、3年暮らして感じた猫の防寒対策について書いてみようと思います。

猫の防寒対策は何がいいのか検証してみる

猫の防寒対策も色々ありますね。近年は猫の防寒グッズもたくさん出ていますし、人間用の電化製品に頼る生活も間違ってはいないでしょう。この3年間で我が家が試した、猫の防寒対策とその結果を記していきます。

猫のこたつ

猫と暮らし始めて、一番最初に思いついたのが猫用のこたつです。猫のサイズに合わせたこたつが発売されているんですよ。すごいですよね!我が家には人間用のこたつがなく、置く場所もないので購入していなかったのですが、猫サイズのこたつであればと思い、購入したのがこちらでした。ペット用に作られているので、赤外線ランプが使われていないところも高ポイントでした。

キャティーマン (CattyMan) 遠赤外線ペットの夢こたつ

キャティーマン (CattyMan) 遠赤外線ペットの夢こたつ

8,320円(12/10 11:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ほんのり暖かくなるテーブルと、テーブルの下に敷くマットと、テーブルの上にかける掛け布団のセットです。本来であれば、掛け布団の中に頭から入っていく猫の姿をイメージしたのですが・・・我が家の場合、布団をかけてテーブルを見えなくしてしまうと、中に入れるということが理解できなかったらしく・・・仕方なく、布団をあげて中に入れることをアピールしてみました。

少し興味が出てきたようで猫こたつの周りをウロウロ。でも、ビビりな性格もあってか、なかなか中に入ろうとしません。

しばらくすると、警戒心が薄れたのかこたつの中にイン。せっかくなので、こたつっぽくしたいと思い、布団を下ろしてみると、怖かったようで、すぐさま、こたつの中から出てきてしまいました。

これ以降、時々気まぐれでこたつに入ることはありましたが、ほぼオブジェと化してしまったため、我が家では活躍できませんでした。SNSで『猫 こたつ』のキーワードで検索すると、同じこたつの中でめちゃくちゃリラックスしている猫ちゃんの写真がたくさん出てくるんですが。やはり、同じようにはいかないものですね。

ちなみに消費電力20W、電気代1日約3.6円(8時間使用/1日)。仮に24時間付けっ放しだとしても、約10.8円。毎日つけたとしても約10.8円×30日=324円。カフェのコーヒーを1杯我慢すればペイできる金額です。お財布にも優しいから、使って欲しかったな・・・(笑)我が家の猫こたつは残念ながら、メルカリ行きとなりました。ちなみに、そこそこ納得の値段で売れました!

ニトリの猫用Nウォーム

去年、我が家でお世話になったニトリのNウォームクッション。あったかい素材で作られたクッションで、こちらもSNSではNウォームの虜になった猫ちゃんや犬ちゃんの画像が出てきます。お値段はお財布に優しいニトリ価格で、一度購入してしまえば、電気代もかからなくて一石二鳥と思って購入をしました。去年、購入した時のことをブログにも書きました。

冬に備えて。ニトリの『Nウォーム』アイテムがほかほかだよ

ずっと置いていたのですが、我が家では一向に入る様子がありませんでした。おもちゃで釣って、なんとかクッションの中に入ってもらおうと試みたこともありますが、作戦はすべて失敗。猫のこたつ同様、これもオブジェ化のまま越冬。冬が完全に終わったら処分をしようと考えていたある日。ふと、家の中にいる猫に目をやると、こんな光景が広がりました。

え、今更・・・・!?ですが、後にも先にも、飼い主がクッションに入っている猫を見かけたのはこの時が最後となり、このクッションはクローゼットにしまわれています。おそらく、今年は出番がなさそうです。

オイルヒーター

人間用のオイルヒーターも意外と使えます。オイルヒーターのいいところは、空気が乾燥しないのと、火事の心配が少なく、部屋を全体的に温められるところです。我が家はデロンギを使っています。昨年は我が家のお猫様のために、デロンギの前にダンボールを置いてあげて、そこで寝られるようにしてあげました。

ほんのり暖かいのが気に入ったようで、冬の明け方はほぼこの定位置に。目が覚めて、この姿をみると、朝からなんとも幸せな気持ちになります。

ただ、デロンギは電気代がかかりますね。冬の間、ほぼフル稼働にすると電気代が2万円を超えました・・・猫には優しいけど、お財布には優しくない・・・夏でも電気代は8000円しないくらいなのですが、その倍以上。フル稼働は控えたいと考えるようになりました。

猫のホットカーペット

デロンギの値段が高かったので、ピンポイントかつリーズナブルに猫を温められないかと考えた結果、猫用のホットカーペットにたどり着きました。2019年初登場のアイテムです。Amazonでお手頃で、かつレビューも良かったので購入しました。SサイズとMサイズがありますが、我が家はMサイズ(50cm×40cm)をチョイスしました。

実際に届いたのですが、想像していたより良さそうです。

カーペットカバーがネイビーとブラウンの2枚ついていて、コンセントは猫がかじっても大丈夫な素材になっています。電源のオン・オフスイッチはないので、コンセントを挿すだけでほんのりあたたかくなります。使いやすいですね。

我が家の猫は警戒心が強いため、まだカーペットを使っている様子は確認できていないのですが、使ってくれるのであれば、今年の冬はこれで乗り切りたいと考えています。

エアコン

部屋全体をあたためるもので一番便利なものといえば、エアコンでしょうか。夏は我が家で大活躍しているエアコンですが、実は冬の間につけたことは一度もありません。空気が乾いてしまう感覚がどうにも苦手であること、電気代が高いと聞いたことがあり、冬はつけないことにしています。

猫飼いの友人はエアコンだけで冬を越えると言っていましたが、それだけで事足りるとも言っていました。

まとめ

3年近く色々と試してきましたが、数カ所にあたたかい場所があれば問題ないように思います。ただ、どの方法がベストかは猫の好みもあると思うので、これなら絶対大丈夫!と言い切れるものもありません。毎年、毎年、色々と試していって、愛猫の好みを把握していくのがいいのだろうなと思います。人間にとって『これはいい!』と思うものでも(例えば、我が家の場合は猫のこたつとか)、猫がまったく興味を示してくれないこともよくあります。我が家も飼い主も猫も今以上に納得できる防寒対策を、これからも模索していくんだろうなと思います。