猫飼いが経験したメルカリで売れた猫アイテム

猫グッズでちょっとしたお小遣い稼ぎ!?

これまでもブログで様々な猫グッズをご紹介していますが、人間の好みで買ったアイテムすべてを猫が気に入ってくれることはありません。我が家もこれまで色んな猫グッズを購入しましたが、中には残念ながら猫が全く使ってくれずお蔵入りになったものもありました。他にも飼い主的に美味しそうだなと思って購入したウェットフードなんかも全く食べてくれない・・・なんてことも。猫飼いのみなさまであれば、似たような経験が1度や2度はあると思います。こんな時、使ってくれないグッズや食べてくれないフードを保管しておくのは場所を取る。もちろん、家の中にずっと保管して、いつか使ってくれたり食べてくれるのを待つのも手かもしれませんが、いっそのこと手放してみるのも方法の一つです。

そんな時に我が家で活用しているのがフリマアプリの『メルカリ』です。

フリマアプリ『メルカリ』とは?

ご存知の方も多いとは思いますが、アプリで手軽に個人同士で商品を売買できるのが『メルカリ』です。例えば新刊が定価より安く購入できたり、市場では手に入らない商品なんかも出品されているので、様々な目的で利用されている方はかなり多いのではないでしょうか。『らくらくメルカリ便』という配送方法を選択すれば双方の住所を知ることなく商品の取引ができる点や、コンビニからの配送はもちろんのこと最近ではPUDOステーションからも商品の発送ができるようになり、利便性も格段にあがっています。

売上金額の10%がメルカリに入る仕組みになっているので、例えばですが、¥3000の商品が売れた場合は手数料として事務局に¥300引かれるので出品者には¥2700が入ります。(送料を出品者負担にした場合は送料も引かれます)

猫飼いの『メルカリ』の使い方

我が家でもしばらく置いてみても使ってくれなかった猫グッズはメルカリに出品するようにしています。せっかく吟味して購入したので手放したくない気持ちもありますが、使ってくれないものをずっと置いておくよりもお小遣いにして、次の猫グッズを購入する代金に充てる、という考え方もできます。我が家では猫グッズだけでなく、食べてくれなかった未開封のフードや猫にまつわる読み終わった雑誌なんかも出品しています。売れるスピードは商品によってマチマチですが、我が家では以下の点を意識して出品するようにしています。

    出品時に意識していること

  1. 送料は出品者負担
  2. なるべく品物をまとめて単価をあげる
  3. 発送には『らくらく(ゆうゆう)メルカリ便』を使う

1.送料は出品者負担

まず1ですが、これは猫グッズに限ったことでなく出品者が送料負担した方が売れるのが早いと思います。我が家も購入したいなと思うものがあっても着払いになっている商品だと購入を見送ることがほとんどですから、購入者の立場になると送料は出品者が負担したほうがよいという個人的な感覚です。『らくらくメルカリ便』を使った場合、発送する商品によっても送料は大きく変わりますが、ネコポスという一番安価な発送方法でも¥195かかります。

2.なるべく品物をまとめて単価をあげる

個人的な考えになりますが、送料を負担するとなると、細々した商品を出品して毎回送料をかけていると少しもったいない気がしています。なるべく商品をまとめて単価をあげて出品するようにしています。

①ネコポス(送料¥195)で発送できる商品を300円で2つ出品した場合

¥300(販売金額)-¥30(販売手数料)ー¥195(送料)=¥75(利益)
¥300(販売金額)-¥30(販売手数料)ー¥195(送料)=¥75(利益)

→2つ合わせて¥150の利益

②ネコポス(送料¥195)で発送できる商品を2つまとめて500円で出品した場合

¥500(販売金額)-¥50(販売手数料)ー¥195(送料)=¥255(利益)

一つあたりの出品単価は①の方が高いですが、別々にかかってしまう送料がネックになっていて、ひとつあたりの利益は¥100を切っています。出品単価は②の方が低いですが、送料の負担が一度で済むため、結果的に利益は①より多い結果になります。送料を負担する以上、こんな風に工夫して出品をすることで利益も変わってきます!

3.発送には『らくらく(ゆうゆう)メルカリ便』を使う

双方の住所を知らせずに商品を発送できるというのはプライバシーの観点から安心ができますし、メルカリ便を使うとアプリ上で商品の配送状況を確認できる利点もあります。メルカリは本当に便利なアプリだと感じる一方で、顔の見えない故に不安な取引にもなりえるため、双方共に安心できるお取引ができるようにしています。その分、定形外郵便よりも送料がかかってしまうのですが、安心料と考えるようにしています。メルカリ便で配送すると、万が一の紛失の場合なども補償してくれるところもありがたいです。

『メルカリ』で実際に売れたもの

実際に我が家でメルカリに出品して売れたものをご紹介していきます。猫アイテムだけに限ったことではないですが、なるべく商品詳細欄に商品の状態や配送方法を明記しておくことも、取引成立後にトラブルが少なくなる工夫のひとつになると思います。

猫のご飯(ウェットフード・ドライフード)

試しに買ってみたけど食べてくれなかったご飯は未開封に限って出品していますが、売れる印象です。お試しサイズや個包装のフードはらくらくメルカリ便のネコポス(送料¥195)や宅急便コンパクト(送料¥380)で配送できるので送料を抑えることができます。

意識している点として、きちんとフードの賞味期限や内容量を記載したり、原産国も商品詳細欄に入れるようにしています

猫の洋服・被り物

可愛いものを見つけると買ってしまう猫の洋服や被り物。我が家の猫が喜んで被ってくれるのであれば、保管も考えるのですが苦手な猫なので、手元に残しておくよりもメルカリに出品して次の衣装を買うお小遣いにするようにしています。

意識している点として、なるべく1着ではなく数着をまとめて出品するようにしています。ただ、ここが難しいところであくまでも個人的感覚ですが、単価をあげすぎると今度はなかなか売れない印象なので、1000円前後がベターかなと思っています。ネコポスで届けられることがベストですが、量が多い場合は宅急便コンパクトを利用しています。

猫のおもちゃ

大きいものから小さいものまで様々な猫のおもちゃがあります。飼い主の趣向で色々と購入してみるものの、残念ながらいつまでたっても使ってもらえなかったおもちゃも泣く泣く出品しています。猫のおもちゃは比較的サイズの大きいものが多く、どうしても送料がかかってしまうことがネックですが、使ってもらえない大きな猫のおもちゃを部屋に置き続けるより使ってもらえる猫ちゃんに譲った方がいいという気持ちで出品しています。

意識している点として、1ヶ月しても愛猫に使ってもらえないものはキレイなうちに出品することを心がけています。その方が匂いもついていないでしょうし、キレイな方が売れやすいと感じているからです。

その他の意識しているポイント

発送時の梱包をなるべく購入時に近い状態で梱包するようにしています。当然のことながら業者さんのように丁寧なラッピングはできませんが、透明袋を使ったり、プチプチで包んだり、万が一配送事故が起きても大丈夫だと思えることを意識して梱包しています。

それから猫のおもちゃについてもひとつアドバイスをしておきたいと思います。ネットで注文した猫のおもちゃの場合、商品が届いたダンボールも1ヶ月くらい捨てないようにしています。これにはきちんとした理由があって万が一、猫が使ってくれずメルカリで出品することになった時にそのダンボールで発送ができるからです。猫のおもちゃってサイズが大きいものが多いですが、大きいサイズの商品を発送する時、なかなかジャストサイズのダンボールが見つからない、なんて場合もあったりします。猫がおもちゃを使ってくれるか微妙なうちはネットで届いたダンボールは捨てずに残して様子を見るのもオススメです。