猫のお迎えまでに必要なものとは? 持っておくべき3つのグッズを紹介!

僕たちをお迎えに行くまでに必要なもの知ってるかニャ?

猫と暮らすことになったときに、まず最初に迷われることのひとつが「何を準備したらいいの!?」ではないでしょうか。ネットで調べると、いろんなものが必要と書かれていて、かえって混乱してしまう場合もあるかもしれません。

ここでは、猫飼い初心者だった猫飼いが、経験談を踏まえ「まずはこれがあればOKだよ」というグッズを紹介します。

猫を迎え入れるときに用意しておきたいグッズ

我が家は初めて猫を迎え入れたこともあり、猫が来る前からいろんなものを用意してしまったのですが(笑)、結果的にいらなかったものも多々ありました。今はいろんな猫グッズがありますが、猫ちゃんの好き嫌いもあると思うので、まずは最低限のものだけ用意して、あとは猫ちゃんの性格や好みに合わせて、徐々に買い揃えていく……という方法でいいような気がしました。では、ここでは「用意しておくべきグッズ」を順番にご紹介していきたいと思います。

猫を迎え入れる前に用意しておくもの1. 食器&ご飯

ご飯とお水をあげる食器、そして猫にとって大事な栄養源になるご飯の用意はマストです。初日からガンガン使いますよ。食器は毎日使うものだからこそこだわって探しました。いろいろネットで調べたのですが、口コミの評価も高く、個人的にデザインも好みだった猫壱さんの「ハッピーダイニングシリーズ」を購入しました。あとから知ったのですが、SNSでもこのシリーズの食器を使っている猫飼いさんは多いですね。

■ハッピーダイニングボウル

■ウォーターボウル

実際に猫が食べている姿を見て思うことは、食器自体に高さもあるので食べやすそうです。猫は年齢を重ねてくると、かがんでご飯を食べるのが大変になる場合もあるそうなので、子猫の頃から高さのある食器に慣れて欲しいと思ったのも購入に至った理由のひとつです。ハッピーダイニングシリーズは電子レンジにも対応しています。

■ご飯

猫の成長に合わせたご飯を用意はマストです。生後1年経っていない猫は、栄養バランスがしっかりしている子猫用のご飯が必要になります。ご飯もいろいろありますが、猫はご飯を急に変えてしまうとお腹を壊したり、嘔吐をする可能性があると聞いたことがあったため、事前にブリーダーさんの家で食べさせているご飯の種類を聞いて、同じものを用意しました。

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

3,010円(09/18 20:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

猫を迎え入れる場所はさまざまかと思いますが、ペットショップならペットショップで食べさせているものと同じもの、保護猫団体などから引き取った場合は、そこで食べさせてもらっていたご飯の種類を聞いて、同じものを用意するのがいいかもしれませんね。

猫を迎え入れる前に用意しておくもの2. トイレ

当たり前ですが、こちらもマストアイテムですね。これがないと、猫はトイレができませんよ〜。トイレも探してみると、意外とさまざまなタイプのものがありますが、システムトイレを使っている人が多いようだったので、我が家もシステムトイレを用意しました。

システムトイレもひとつとっても、いろんなメーカーから発売されているので、どれにしようか迷ってしまいましたが、ユニ・チャームのデオトイレ一式を購入しました。

砂もさまざまななタイプが出ていますので、猫の好みによって使ってみるとよいかと思います。猫によっては砂が気に入らないとトイレをしないときいたことがあるので、もし、砂を変える場合は、猫がストレスなく使っているかどうか様子をきちんとみるようにしましょう。

猫を迎え入れる前に用意しておくもの3. キャリーバッグ

猫を引き取りに行く時に必要なのがキャリーバッグです。こちらも探してみると、値段はピンキリ、デザインや素材もさまざまなものがあります。安いものでよければ2000円代で購入できます。我が家は帰省などで活用するシーンも増えそうだったことと、保管に場所をとるアイテムでもあったので、安さで妥協することなく、大きさ、機能性、デザインもすべて納得した上でバッグを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「送料無料」AWパラフィンキャリーバッグ(M)
価格:16500円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)

シンプルなデザインが気に入っています。小窓がたくさんついているので、隙間から猫の様子を知ることができるのが便利です。反対に猫が隠せる様にできる布もついていて、電車移動する際などで猫が苦手な人に出会う可能性のある公共の場では大活躍です。首輪とバッグを繋ぐ紐のようなものもバッグの中についていて、細かいところまでしっかりこだわった造り。キャンバス生地のような素材なので、折りたたむこともできるので、使用しない時はコンパクトにして、場所を取らずにしまえるのも高ポイントでした。

唯一困ることといえば、ブラックを購入してしまったため、猫の毛が目立つことでしょうか(笑)。気になる方は目立たないベージュなどを購入するのもいいかもしれません。急な災害などの場合にもキャリーバッグを使う場合も考えられるので、小さいうちからキャリーバッグには慣れておいてもらうことが本当に大事なように思います。

猫飼いが迷って購入しなかったもの

実はブリーダーさんからはケージを用意するようにいわれていました。ケージもいろんなタイプのものがありますが、個人的に狭いケージのなかで生活するのはかわいそうに思ってしまい、購入を見送りました。

SNSをみると、ケージを使っていらっしゃる方は多いようです。どちらがいいのかはハッキリと断言できませんが、我が家はゲージがないからか、部屋中を元気にのびのび駆け回っています。ケージも高さのあるものや、中にハンモックのついているものなど、さまざまなタイプがあるので、購入を検討されている方は気に入るデザインを探してみるのもいいと思います。ケージがなくても、猫のお迎えは可能でしたよ!(多頭飼いなどの場合は必須かもしれませんが)

「用意するものってこんなに少なくていいの?」って思った方もいるかもしれませんが、紹介したグッズがあれば、数日はなんとかなると思います。猫のおもちゃや、リラックスグッズなど時間をかけながら吟味していっても遅くはないと思いますよ! 猫飼いさんの素敵な猫ライフのスタートのお役に立てたら嬉しいです。