猫の写真をアレンジするアプリ『PicsArt』が面白い!

猫飼いあるある『写真撮りすぎ病』

猫飼いの方であれば、あるある現象の一つだと思いますが、愛猫の写真を何枚も撮ってしまったりしますよね。正直、他の人がみたら違いがあまりわからないような似たような写真がスマホのアルバムに大量に残っている場合もあるのではないでしょうか。

我が家も猫と暮らすようになってから猫の写真をよく撮影するようになり、巷で話題のインスタ映えに興味がない飼い主のスマホのアルバムは猫だらけです。どれぐらい撮っているのか気になり、フォルダの写真を見てみたところ、なんと1700枚もの猫の写真が保管されていました。でも、何気ない仕草や表情を見ると、つい撮らずにはいられない、飼い主あるある現象。そして撮った写真が似たような写真だってわかっていても消せない、飼い主あるある現象。

先日時間があったので、大量に保存された写真を加工できないかなと思い、アプリを探していたところ、面白いアプリを発見したので今回はそちらのアプリをご紹介したいと思います。今まで何気なく撮っていた猫の写真も加工を入れることでグッと雰囲気が変わって楽しめますよ。

写真加工アプリ『PicsArt』で加工を楽しむ!

今回ご紹介したいアプリは『PicsArt』というアプリです。

こちらのアプリGOLDという有料のものもあるようですが、無料でも十分に加工が楽しめます。GOLDにするとおそらく、もっと加工の幅が広がるのだろうなと思いますが、無料でもこれからご紹介する加工ができるので、まずは無料でやってみるのはいかがでしょうか。

我が家がやってみた『PicsArt』の加工例を色々とご紹介していきたいと思います。

加工例①エフェクト

一番気に入った加工がこの『エフェクト』加工です。このエフェクト加工をすると、こんな写真が作れます。


元々の写真と比較するとかっこよくなったと思いませんか?ちゅーるを夢中で食べている写真ですが、獲物を狙っているかのようなかっこいい雰囲気が出ていませんかね。エフェクト加工のマジックのカテゴリの『Midnight』という種類を選択すると、あとは自動で写真を変換してくれる手軽さで、このクオリティです。

こちらはエフェクトのマジックカテゴリの『Color Bright』という種類の加工です。元の写真はソファの上に佇んでいる写真なのですが、色が加わったことで違う雰囲気の写真になった気がします。

エフェクト加工の中のアーティスティックというカテゴリの『油絵』にすると、こんな雰囲気に。

他にも紙の材質やトイカメラっぽいエフェクトなどが選択できますし、エフェクトをかけたあとに微調整もできます。個人的な感想になりますが、エフェクトだけでもかなりいろんな種類で遊べる印象で面白いです。

加工例②グリッド

複数枚の写真を1つにまとめることができる機能です。

先日ご紹介したけりぐるみに夢中になっている動きをわかりやすく見せたかったので、シンプルに横割り3パターンのデザインにしていますが、写真配置のデザインパターンも複数あるので、少し凝ったデザインにしてみたいという方でも気に入ったデザインが見つかるのではないかと思います。

ステッカーも貼れるのでグリッド加工とステッカーの合わせ技。実はパターンを区切っている線の太さや線のデザインも変えられるという便利っぷり。少しわかりづらいかもしれませんが、この写真では線の背景にデザインをつけています。

加工例③フレーム

ありがちかもしれませんが、写真にフレームをつけることもできます。フレーム自体はいろんな種類が揃っているのですが、無料で使えるフレームはごく一部に限られていて有料版にアップグレードしないと使えないフレームの方が多いです。

それでも、ちょっとおしゃれなこんなフレームは無料で作ることができました!ハートのフレームは他にもあったのですが、無料では使えず有料になるのが悲しい・・・・

最後に

今回すべての機能をご紹介しきれなかったのですが、他にもペイント機能や美肌加工などたくさんの機能がありますので、ご興味のある方はぜひ一度遊んでみてください。意外とハマりますよ。ちなみに月額のGOLD会員だと220円かかるようです。我が家は無料でも十分楽しんでいるので、しばらくの間は無料で遊ばせてもらおうと思っています。

余談ですが、このアプリを使って気づいてしまったことが一つあります。こうやって愛猫の写真を加工すると、加工した写真をスマホに保存することになるので、結果的にまた猫の写真が増えるんですよね。・・・・・これも、きっと猫飼いあるある(笑)