思わずツッコミたくなった我が家の猫の不思議な言動

猫の不思議な魅力とは?

猫を飼っていない友人から『猫と暮らす魅力は何?』と聞かれたことがあります。正直に言うと、猫の魅力は一言ではなかなか言い表すのが難しいなぁと思っているのですが、個人的に『人間の想像を超える行動をするところ(何をしでかすかわからないとも言う)』が猫の魅力のひとつであると考えています。もちろん、それ以外にも『癒される』とか『ツンデレなところ』とか挙げればキリがないのですが、今回は飼い主の想像を超えて愛猫が見せた『我が家の猫の不思議な言動』について書いて行きたいと思います。

飼い主を笑わせた『愛猫の不思議な言動』

今回は『我が家の猫の不思議な言動』についてご紹介していきますが、その中でも思わず飼い主が『フフッ・・・・』っと笑ってしまったシチュエーションをご紹介したいと思います。

本棚の整理をしていたら・・・

マンガが増えてきたので本棚の整理をしようと思い、本棚にあるマンガを取り出しました。飼い主の雑な性格故に、マンガを本棚に収納する際にとりあえず本棚に入れとけ精神で巻数をバラバラにして入れてしまっていたので、いい機会なので巻数をきちんと揃えて本棚に戻そうとして並べ替えをしていた時でした。本棚から『ガタッ、ガタタタッ』と大きな音がしたのです。マンガが落ちたのかと慌てて本棚に目をやると、目線の先にいたのは・・・・!?

安定の猫!!!

本棚に猫が自ら整理されに行きました(笑)ONE PIECEに混じって整理されています。なんともシュールな光景です。マンガを取り出して整理するほんの4〜5分だったと思いますが、その短い時間の間に、本棚にある隙間が気になってしまったんでしょうね・・・少し高さのある本棚でしたが、猫自ら挑戦して収納されていきました。隙間さえできれば、いつでも同じことをやってくれるかなと思い、日を改めて本棚にあるマンガを取り出して整理しているような素ぶりを見せて猫の様子を伺ってみたのですが、その日は本棚完全スルー(笑)この気まぐれな感じが猫感を感じずにはいられません。

クローゼットから出てきたモノが気になって・・・

次も整理ネタですが、クローゼットの中がごちゃごちゃになってきたので、クローゼットの片付けをしている時でした。普通の家庭には珍しいかもしれませんが、我が家には割れ物とかを梱包するプチプチのロール状タイプが常備されています。常備されているものとはいえ、頻繁に使うものではないので、通常はクローゼットに格納が基本です。その日はクローゼットの片付けをしていたので、プチプチが一瞬クローゼットの外に。そのちょっとした隙を猫は見逃さなかったのです。すぐさま後ろから『ガサガサガサ・・・』という音が。振り返るとそこにいたのは・・・・!?

やっぱり猫!!!

自ら率先してプチプチの中に入っていきました。しまいには珍しくカメラ目線までしていただけるサービス精神。

袋は窒息の心配があるので、写真を何枚か撮った後(←それでも写真をつい撮っちゃう。飼い主あるある・・・)にプチプチから出しましたが、我が家の猫にとってはプチプチロールが忘れられないものになったらしく、その出来事からしばらくの間はクローゼットが閉まっているとクローゼット前でカリカリして開けて欲しそうにしたり、クローゼットが開くことがわかるとクローゼットへ走ってきて、プチプチロールを袋ごと加えてクローゼットの外に出してこようとしたことも。さっきの本棚への収納は二度とやってくれないのに、プチプチロールにだけなぜ・・・と思わずにはいられなかった不思議な言動のひとつです。

無理だとわかっても入りたくて・・・

猫の不思議な習性のひとつとして『何かに入る』という習性が特徴としてあげられますよね。入る場所の代表格でいうと数々の猫が愛してやまないダンボールなんかは床に置いた瞬間に猫ホイホイばりに入っていきます。もちろん、猫にとって入りたい場所が入れるサイズのものであれば問題はありませんが、猫って時々無茶をするんですよね。そんな無茶をした場合の猫がこちらです。

完全にサイズアウト。

実家での光景です。どうやっても猫がまるっと入る場所ではない引き出しの中に頑張って入ろうとする我が家の猫。そして、明らかに入ってないのに、シラを切り通したいのか慌てる素ぶりを見せない猫。あえてなのでしょうか、それともサイズが間違っていることに気づいていないのでしょうか・・・このシチュエーションの時、猫の脳内は一体何が浮かんでいるのか気になって仕方ありませんが、5分くらい頑張って滞在していて、頑張って入り切ろうとしてました(笑)ガッツのある猫です(笑)

飼い主を困らせた『愛猫の不思議な言動』

猫と一緒に暮らしていると笑わされる言動も多いのですが、時々困った行動をしてくることもあります。困ると言っても、結局は愛猫がかわいいので(親バカですね)許してしまうんですが・・・

プロレスの相手は・・・・

猫って時々スイッチが入ったように一人運動会を始めます。突然部屋中を高速スピードで走り回って、早すぎて止まれなくて壁に激突したり、高低差を気にせずに駆け上がったりするのですが、我が家の場合、一人運動会だけでなくプロレスが行われることがあります。プロレスって言うと、1対1で技の掛け合いをするスポーツなので、相手がいないと成立しませんよね。

プロレスの対戦相手:飼い主の腕

珍しく近づいてきてくれたなーと思い、頭でもなでてあげようかと思って腕をあげた瞬間からゴングスタートです。腕を全力で絡めてくるだけじゃなく、蹴り技、反則技の噛み技も使ってきますので、普通に結構痛い(笑)我が家の猫にけりぐるみを買い与えたのはこのプロレスがきっかけです。写真は長袖の洋服を着ているので噛み技をくらっても洋服のおかげでダメージはそこまでありませんが、半袖の生身の腕にプロレス技かかった時の痛さと言ったら・・・プロレス終わった後に、腕に歯の形がめり込んでます(笑)そして不思議なことに、この行動は旦那には一切やらないのです。猫の頭の中で飼い主の存在ってどうなっているのか一度聞いてみたいものです。

危険な諭吉・・・・

財布の中に溜まったレシートなどを整理するために財布の中身を出して整理している時でした。ガサガサしていたので、猫も気になったのか近寄ってきました。よくある光景だと思い、特に気にせず財布の整理を続行していたところ、猫がくわえていったのがこの方。

諭吉、危険!!!!

野口英世でもなく樋口一葉でもなく、まさかの一番避けてほしい福沢諭吉が猫の手によって大ピンチに陥りました。慌てつつも、まずはその珍しい光景を写真におさめ、猫が食いちぎることのないように機嫌を損ねないように諭吉の行方を見守ります。幸い、諭吉に傷がつくことなく奪還に成功しましたが、どうして一番高価な諭吉を持っていたのか不思議でなりません。もう一度やってみたいと思いつつ、諭吉に何かあったらショックなので、これ以降は財布の整理も気づかれないところでやるようになりました。

最後に

我が家で見かけてツッコミたくなった猫の不思議な行動のご紹介は以上になりますが、SNSでも『え、そんな行動するの!?笑える!!』と思わずにはいられない不思議な行動をする猫ちゃんの投稿も多く見られます。また『前に◯◯した時はこういう反応してくれたから、次も同じ反応してくれるだろう』という人間の思い込みも平気で裏切ってきます(笑)『さっきの表情が可愛かったから写真撮りたい!また同じ顔して!』って祈っても、そんな祈りの時に限って絶対してくれなくてシャッターチャンスを逃すなんてこともあります。それが猫で、そこがたまらない魅力であったりするんです。どういう気持ちでその行動をしているのか、1日いや1時間でもいいので、猫の脳内をのぞいてみたいなーと思ってしまいますね。猫の不思議な言動。本当にたまらなく可愛いですよ!