映画『旅猫リポート』の感想をレポート! 感情移入しすぎて猫飼いが号泣した話

映画『旅猫リポート』の感想をレポート! 感情移入しすぎて猫飼いが号泣した話

『旅猫リポート』という映画を知っているかニャ

“猫にまつわるものならなんでも興味がある”という猫飼いさんは多いのではないでしょうか。ここにいる、ひとりの猫飼いもまさしくそんな人間です。2018年に公開された、映画『旅猫リポート』もタイトルに「猫」とはいっているから、という理由で映画館に足を運びました。上映された映画を観た猫飼いの感想をレポートしたいと思います!

映画『旅猫リポート』について

俳優の福士蒼汰さん主演で公開された、映画『旅猫リポート』。猫飼いならば“観る”の一択しかないでしょう!ということで、映画館に駆け込みました。猫好き、猫飼いのみなさまにおすすめしたい映画だな〜と感じましたので、今回は映画『旅猫リポート』のあらすじやキャスト、そして個人的な感想を書いてみようと思います。感想はあくまでひとりの猫好きの主観になりますのでご容赦ください!



映画『旅猫リポート』あらすじ・キャスト

映画のことを詳しくご存じない方もいるかと思いますので、まずは映画『旅猫リポート』のあらすじやキャストをご紹介したいと思います。

あらすじ

野良猫として誇り高く、タフに生きてきたナナ(声=高畑充希)。
人間は信用ならないし、なれ合うなんてまっぴら。
でも定期的においしいものをくれる優しい青年・悟(福士蒼汰)のことは、ちょっと気に入っている。
ある日、一瞬のタイミングのずれで車に轢かれ大けがを負ってしまったナナ。
薄れゆく意識の中、ナナが必死で助けを呼んだのは悟だった。

この日からナナは悟の猫になり、ふたりは家族になった。
いつもナナのことを一番に考えてくれる、優しい悟。
それなのに、ある事情で悟はナナを手放す決心をする。
出典:映画『旅猫リポート』作品情報

キャストは通常の映画と比べるとあまり多くないな、という印象でしたが、主演の福士蒼汰をはじめ有名な俳優や女優が出演していますし、キャストの少なさが気になることは特にありませんでした。登場人物が少ないながらも丁寧にストーリーが展開していきますよ!

キャスト
宮脇悟・・・福士蒼汰
ナナ(声)・・・高畑充希
香島法子・・・竹内結子
杉千佳子・・・広瀬アリス
杉修介・・・大野拓朗
澤田幸介・・・山本涼介
出典:映画『旅猫リポート』作品情報

↑主要キャストのみなさんです。猫のナナもきちんと集合していますよ!

映画『旅猫リポート』の感想を猫飼いが語る!

さて、ここからは個人的な感想になってしまいますが『旅猫リポート』の感想を書きたいと思います。これからご覧になる方もいるかと思いますし、ネタバレは個人的に好きではないので、物語の核心には触れないようにしたいと思います。

まず猫のナナが可愛くてほっこりしますね。とても賢い動きをしていて、映画を観ながら「うちの猫は俳優猫になれないな〜」と思いましたね(笑)。映画全般を通して、猫と暮らす人間として「自分が同じ場面にぶち当たったとき、自分だったらどうするだろうか」と考えさせられた部分もありました。そして、「絆」という目に見えないものは人間同士のものだけでなく、自分次第ですべての生き物と築き上げられるものなんだろうな、とも思いました。月並みな言葉になってしまいますが、とても良い映画でした。

映画を観る前に軽くあらすじを知っていたので、猫と暮らしていた主人公がなぜ猫を手放すのか?というのが疑問で仕方なかったのですが、主人公の過去を遡りなら進む物語を観ていくと愛猫を手放そうという結論に至った理由が丁寧に描かれています。観た方が納得できるかは賛否を呼ぶかもしれませんが、個人的には納得はしました。

映画を見終わった後、一番最初に感じたこと。それは「自分は毎日を丁寧に生きているんだろうか」、「きちんと周りに感謝ができているんだろうか」ということでした。猫が観たくて観に行った映画のはずだったのに、自分のこれまでの生き方を考えさせられた映画でもありました。

余談ですが、物語の途中から号泣してしまい、ハンカチを持参しなかったことを後悔しました。終わる頃には洋服の裾が涙で濡れていましたので、涙もろい方はハンカチを持参しましょう。他の座席からもすすり泣く声が結構聞こえたので、猫を飼っている方は感情移入してしまうシーンが多いのかなと思います。

こちらも余談ですが、映画に登場する猫のしぐさ、表情、猫好きにはたまらないですよ!

旅猫リポート

旅猫リポート

福士蒼汰, 高畑充希, 広瀬アリス, 大野拓朗, 山本涼介, 前野朋哉, 田口翔大, 二宮慶多, 中村靖日, 竹内結子
Amazonの情報を掲載しています

映画『旅猫リポート』の原作は小説

実は『旅猫リポート』はオリジナル作品ではなく、原作がある作品です。原作は小説なのです。小説家の有川浩さんという方が週刊文春で連載していた作品で書籍化もされています。

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)

有川 浩
704円(10/06 10:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

さらに小説だけでなく2014年には絵本にもなっています。小説だと難しい小さなお子様がいらっしゃるご家庭は絵本で見せるのもいいかもしれませんね。

絵本「旅猫リポート」

絵本「旅猫リポート」

有川 浩, 村上 勉
1,320円(10/06 10:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

映画を観てから、家に帰って我が家の猫に会うと、改めて時間は有限であること、人生はいつ何が起きるかわからないことを実感しました。これからもっと一緒に生きる日々を大切にしないといけないなーと思いましたよ。

映画『旅猫リポート』の感想をレポート! 感情移入しすぎて猫飼いが号泣した話

いつも自由で不思議で和ませてくれる大切な存在。これからも元気で自由でいてね。