猫の成長の早さを我が家の猫で振り返る

猫の成長の早さとは

ある日、スマホに格納されているアルバムを見返す機会がありました。スマホの中のアルバムを見てみると、収められている写真はほとんど『猫・猫・猫・猫・猫』!!!!!『スマホのアルバムが気づいたら愛猫で埋め尽くされている』現象は、猫飼いあるあるのひとつだと思いますが、猫飼いのみなさん、いかがですか?

時間があったので久しぶりに我が家の猫の子猫時代の写真から現在までの写真を見返してみたのですが 『愛猫の成長の早さ』というものをものすごく感じました。一緒に暮らすようになって2年経ちますが、その間に人間の飼い主はできなくなったことが増えたような気がしますが、猫は体も大きくなって、登れる場所やできる事も増えて本当に大きく成長したもんだな、と写真を見て改めて感じました。せっかくなので、今日は我が家の猫の写真で『猫の成長の早さ』についてお伝えできればと思います。

猫の成長の振り返り

1歳になるまでの変化を振り返ってみたいと思います。我が家の猫は長毛のスコティッシュフォールドですので、他の猫種の猫ちゃんの場合だとまた成長の仕方が違うのかもしれないので、参考程度にみてくださいね。

猫の成長『1ヶ月・2ヶ月の頃』

とにかく小さい。特に1ヶ月の頃は手のひらに乗ってしまうであろう衝撃の小ささでした。

↑ブリーダーさんのお家で初めて対面した時。当時は猫と接する機会がなかったこともあり、想像をはるかに超える小ささで触るすら怖くて、ひと触りもしないで帰宅した思い出が・・・。


↑引き取るまでにブリーダーさんが送ってくれた写真ですが、初対面した時の小ささより成長を感じます。ただ、これでも、まだまだ小さいです。

ちなみに、以前のブログにも書きましたが、生後2ヶ月の頃でも体つきは小さいので洗濯機の裏に入れちゃうサイズです。我が家はこのサイズ感がよくわかっていなかったせいで、猫が神隠しにあったかと思ってパニックになりました。これから猫を飼われる方は気をつけましょう!人間が思っている以上に猫はとんでもないところにはいります(笑)


↑2ヶ月終わり頃です。まもなく3ヶ月。まだあどけない!!

猫の成長『3ヶ月・4ヶ月の頃』

ご飯をもりもり食べる成長期だと言われるのがこの時期です。この時期はご飯は食べたいだけ食べさせてました。明らかに体も大きくなるのもこの頃で、ジャンプも力強く踏めるようになり、今まででは登れなかった場所にもジャンプで登れるようになってきたのもこの時期でした。今までできなかったことができるようになったという成長を感じ、その姿をみると嬉しくなったりもしました。


↑ちょっとわかりにくいかもですが、全体的に大きくなってるんです!

猫の成長『5ヶ月・6ヶ月の頃』

体重も2キロを超えて、全体的に大きくなってきたなーという印象を受けたのがこの時期です。


久しぶりに我が家の猫に会った友人から口々に『すごく大きくなった!!』というお言葉をいただくようになったのもちょうどこの頃です。一緒に写っているケンシロウのフィギュアが15cmくらいなので、かなり成猫に近づいてきたと思います。ちょうどこの頃去勢手術を行いました。発情期が来る前に手術をした方がいいと聞いたので、このタイミングでの手術となりました。
猫の成長『7ヶ月〜1歳』

去勢をしたのが6ヶ月の時で、去勢をすると運動量が落ちて肥満になりやすいと聞いたので、体重を増やさないように気をつけた時期でした。意識してやっていたこととしては、おもちゃを使って無理矢理にでも動いてもらうようにしたことでしょうか。この対策が効果があったのかはわかりませんが、我が家の猫は去勢をしても劇的に体重が増えることなく体重をキープ。飼い主が勝手に『去勢してめちゃくちゃデブになったらどうしよう!』と考えすぎていたのはあると思うので、いい意味で予想を裏切られました。

猫の成長『1歳〜現在』


3.2キロくらいをキープ。おそらく、これは平均値の体重だと思います。動物病院の先生から『4キロは超えると思うよ〜』と言われていましたが、4キロの大台を超えたことはありません。現在2歳4ヶ月になりましたが、体重の増減なくキープしています。

猫の成長を振り返って改めて思うこと

こうやって振り返ってみると、本当に子猫の時代は3、4ヶ月くらいまでだったんだなーと感じます。あっという間に大きくなってしまっていたなーと、ちょっとさみしくもあり、とはいえ、こうして大きく成長してくれた事に嬉しさもあり、不思議な感じですが、もっと1日1日を大切に過ごすべきだったなぁとも思わされ、反省もしています。もちろん猫によって成長度合いに個体差はあると思うので、我が家の猫の成長ペースがすべての猫ちゃんに当てはまるわけではないと思いますが、参考になれば嬉しいです。

成長を振り返る上での反省点

猫の写真をたくさん撮ってきましたが、振り返ってみて後悔していることがあるとすると、子猫時代がこんなに短いとは思っていなかったので、あまり写真を撮っていなかったことでしょうか。あとは後から見返した時に、猫の成長の度合いがわかるように似たようなシチュエーション(例えば同じ背景、とか、同じポーズとか)で写真を撮っていなかったことが勿体無いことをしたなーと感じています。それでも、スマホのアルバムが猫しか残っていないので撮っているほうだと思うんですけどね。これから子猫を飼われる方はあっという間にすぎてしまう子猫時代を大切に過ごされてみてはいかがでしょうか。本当にあっという間に大きくなってしまいますよ〜