便利すぎ。猫のドライフードの保存はコイツにお任せ!

猫のご飯『ドライフード』の保存方法について

猫にとって必要な栄養素が摂取できる、大切なご飯のドライフードの保存方法ってどうされていますか?

我が家はこれまで2キロ前後のドライフードを購入、ジップロックの袋に小分けにして、しっかり空気を抜き、余った小分けのジップロックに入ったフードは冷凍庫に保存。なくなったら冷凍庫から1袋出してくる・・・という生活を約2年くらい続けていました。

ところが。以前のブログでも書きましたが、我が家の猫がドライフードを残すことが多くなりました。

猫がドライフード食べてくれない事件に悩む

この事がドライフードの保存方法を改めて考えるきっかけになったのです。

ドライフードの大敵は2つ!!!

ドライフードの保存方法について、改めてネットや本で色々と情報を漁って自分なりに調べてみたところ、ドライフードにとってよくないものとされるものが2つあることがわかりました。

湿気

ドライフードは見た目も茶色い色をしているフードが多いため、見た目ではわからない場合もありますが、湿気が多くなると風味も落ちることはもちろん、カビが生える原因にもなります。

酸化

空気にふれればふれるほどドライフードの酸化が進み、風味や匂いが落ちてしまいます。こちらも湿気と同様目で見てもわからないことが多いですが気をつけたいものです。

ドライフードの大敵を守れていたか?

まずは、この2つの注意点を我が家がきちんと守れていたのか?を考えてみたいと思います。

湿気させない

この対策は我が家ではできていたと思います。

ドライフードは水分を含まないので高温多湿の場所で保管することはよくないとされています。我が家の保管場所はというと、キッチン後ろの棚の上。どちらかというと湿気や熱がこもる場所ではないと思うので、湿気にくい場所に保管はできていたと思います。

ちなみに、高温多湿の場所は避けようとすると、人によっては冷蔵庫の保管を考える方もいるかもしれません。実は飼い主もそのひとりだったのですが、出し入れする際の温度差により湿気が出てしまいかえって劣化が進んでしまう場合もあるそうです。冷蔵庫の保管は避けた方が良さそうです。

酸化させない

正直、この対策は我が家は不十分だったと思います。

密閉されているキャットフードも一度でも開封してしまうと、どうしても、空気中の酸素に触れてしまい、それが『酸化』に繋がります。フードの脂肪分が長時間空気にふれることにより酸化し、酸化したキャットフードは匂いも風味も落ちます。場合によっては猫が下痢や嘔吐をしてしまう原因になるそうです・・・・・

我が家はジップロックで細かに小分けにして、湿気にくい場所で保管はしていたものの、飼い主の性格もあってか封の閉め方は甘かったことが多かったような気がしています。その雑な対応が結果的にドライフードを酸化させる結果になっていたのだと思います。

我が家の猫のドライフードの食いつきが悪くなったのは、ドライフードが酸化していたからかもしれません。だらしない性格の飼い主いえど、猫の大切な栄養源になるフードの管理ができなかったのは反省です。

だらしない飼い主の救世主登場!?

もっと楽に保管できて、かつ、ドライフードの風味が落ちづらい方法はないかと考えた結果、保存容器に頼ることにたどり着きました。そして、要望を叶えてくれるドライフードの保存容器を見つけてしまいました。

それがこちら!!!

『OXOポップコンテナ』

これ、すごいです。使い勝手の良さが感動レベル。

フタの真ん中にあるボタンを押すだけで、容器の中が真空状態になります。簡単ですね。開ける時は、真ん中のボタンを押して空気を抜けばフタが開きます。簡単ですね。フタを開けた時にふわーっと『キャットフードっぽい匂い』がして、風味が保たれているのだなと実感できます。開けるのも閉めるのも簡単なので、ドライフードが空気に触れる時間も最小限に抑えることができます!

この真空容器に変えてから、猫のフードの食いつきが違います。今まではドライフードを残す事も多かったんですが、ほぼ完食するようになりました。この食いつきの違いをみると、やはり今までの保存方法でのキャットフードは見た目ではわからないけども、酸化して風味が落ちてしまっていたんだなと感じます。

OXOの保存容器の高評価ポイントは2つ!

この真空容器ですが使い勝手の良さもさる事ながら、他にもグッドポイントが2つあります。

保存容器のサイズが豊富にある

小さいサイズから大きいサイズ、さらには高さまで色々と選べるので目的に応じて見合ったサイズの容器をチョイスすることができます。またデザインもシンプルなので、重ねて置いたらオシャレに見えそうなので、形違い、サイズ違いで欲しくなります。

別売りの付属品のスプーンなどがフタの裏につけられる

容器のサイズによってはつけられないものもあるのですが、ある程度の大きさの容器であればこんな感じでつけられちゃいます。

今回の場合だと猫のドライフードの量をスクープを使って簡単に量れるのでとっても便利。粉物を保管する時にも、スクープを裏に取り付けておけばすぐに使うことができます!

OXO ポップコンテナ2 ポップ スクープ 11235200

OXO ポップコンテナ2 ポップ スクープ 11235200

540円(11/19 10:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後に

猫にとって大切な栄養素のドライフード。たかがドライフードですが、されどドライフード。真空容器を利用して、なるべく風味を保っておいしいものを食べてもらいたいですよね。

我が家はビッグスクエアのショートの容器を購入し大活躍をしているのですが、唯一の後悔といえばサイズが小さかったことでしょうか・・・・。サイズ感をきちんと確認せずショートにしたのですが、使ってみるとよーーくわかりますが、2キロのフードは絶対にはいりません・・・

幸いにも我が家は現在1キロのフードを購入しているので容器におさまっていますが、もし今後2キロのフードを購入する場合は容器も買い直さないといけなくなりそうです。

なぜか、こういうところをケチってしまう飼い主・・・大は小を兼ねるとはよく言ったものです。日々、勉強ですね。