猫、初めての我が家と神隠し事件

猫のお迎えから我が家へ

猫との初対面から約1ヶ月後。ついに猫を我が家に迎える日がやってきました。天気がとてもよくて、勝手に猫を迎える絶好の天気だと感じていました。

ブリーダーさんのお家にお迎えに行きましたが、もちろん身ひとつではなく用意したキャリーバッグを忘れずに持参。迎えに行き、1ヶ月ぶりに対面した猫は、見違えるくらい大きく成長をしていて机の上をうろちょろしたり、いたずらしようとしたり。行けるところも増えていたようでいろんなものに興味津々でした。たった1ヶ月の間にこんな大きくなるものかと子猫の成長の早さにもすごく驚かされたことを思い出します。

我が家では猫と暮らすのが初めてだったのでブリーダーさんから子猫のご飯の用意の仕方、目や耳周りの汚れ取りの方法、トイレのお手入れなど親切に教えていただきました。とにかく最初から最後までとても親切で素敵なブリーダーさんでした。

友人がわざわざ車を出してくれたので、帰りは懸念していた電車移動がなかったことがとてもありがたかったです。実際に電車より車のほうが猫も飼い主もストレスが少ないと感じましたので、これから猫を迎える方は可能な限り車でのお出迎えをおすすめしますよ!

我が家にて猫失踪事件発生

無事に我が家に到着したのはいいのですが、猫が神隠しにあう事件に遭遇しました。

猫の習性として初めての場所で各方面を匂いを嗅ぎながら探検をするらしいんですよね。ネットでの噂通り、我が家に着いてから早速小さな体で家の中の探検が始まりました。

猫にとっては知らない場所ですし不安な気持ちになるのも当然と思うので、しばらく好きに歩かせていたのですが、時間にして10秒もなかったと思いますが、電気のついていない洗面所へ向かったことを最後に突如姿を消します。

神隠し事件①飼い主大パニック

え!?!?!?!
どこいった!?!?!?

洗面所の近くのあたりを探せども、探せどもあの小さいからだを見つけられず・・・・・
突然の神隠しが我が家を襲いました。

えっ、えっ!?!?!

考えられるとしたら、洗濯機の裏しか考えられないのですが、あんな狭い隙間に入れるわけがない・・・パニックになりすぎて、キャリーバッグから猫を出したはずなのにバッグから出していなかったんじゃないかというおかしな妄想まで始まります。

神隠し事件②神隠しの場所は・・・・

目を離した隙にどこか別の場所へ行ってしまったのではないかと思い、部屋中の至る所を探しましたが見つからず。残る場所といえば狭い狭い隙間があった洗濯機の裏しかありません。小さい体の猫いえど、こんな場所に入れるとは思いませんでしたが、確認するためにも洗濯機が壊れる覚悟で洗濯機を動かすことにしました。

洗濯機を動かし、少しの隙間からのぞいてみると・・・・・

いた!!!!!笑

手をのばし、救出(?)成功。初日からひやっとした事件でした。

これから猫を迎えようとしているみなさま、子猫のからだは人間が想像している以上に小さく、そして、人間が想像している以上に、とんでもないところへ入ります(笑)出迎えを控えていらっしゃる方は、あらゆる隙間をなくすことをオススメします。

神隠し事件③隠れる場所を失った悲しみの猫

洗濯機の裏から引っ張り出され、見たこともない知らない場所で行き場をなくしてしまった猫。ちいさなからだで、少し怯えているようにも見えて、ますます心配になってしまいます。そこで、こっそり用意していた『手作り猫テント』を献上すると、なんと、その中にイン(笑)

実は、猫をお迎えに行く前にネットで『猫テントの作り方』という記事を発見し、これは面白いと思い、手作りで作っていたのです。いらないTシャツとハンガーさえあれば、30分もしないで作れちゃいます!

これを参考にしました猫テントの作り方

隠れられる居場所を見つけたのか、初日は猫テントの中ご飯も食べず、水も飲まず、たたずんでいました。

↑写真見ると、ちょっと不安そうな表情してますよね・・・

人間もまったく知らない場所、まったく知らない人間しかいない環境で、突然暮らせ、ってなったら、きっと、ほとんどの人が、戸惑いますよね。それは猫にも同じことが言えるわけなのだと思います。

神隠し事件④事件翌日の猫

翌日は猫の様子が気になって、珍しく早く起床。すると、猫テントにいない・・・・!!!

再びテンパっていると、物音に気づいたのか、テレビの後ろから颯爽と登場しました。昨日の様子とはうってかわって、少しリラックスしている印象。新しいご飯を用意したところ、ポリポリと食べてくれるようになり、一安心・・・・

お互い、まだまだ慣れてはいないものの、ここから猫との生活がスタートすることになったのです。

最後に

我が家にきて早々に我が家で起きた神隠し事件ですが、これって意外にどこのお家でも起こりえる事件なのかなーとも思います。人間が思っている以上に小さな隙間でもスルっと入っていくようなので、猫を迎え入れるみなさま、ぜひお気をつけくださいね。

子猫はいろんな事を経験しながら学習していくようなので、迎え入れたばかりの頃は危険を省みず色んなことに挑戦するのだと思いますが、危険から守ってあげるのも飼い主の使命なんだなーと実感したものです。

【おまけ】手作りで作った猫テントの成れ果て

さて、おまけですが我が家の猫のために作った、飼い主の愛がたくさん詰まった手作り猫テント。
猫も気に入ってくれて入ってくれていたのですが、なんと、設置から一週間後にはこんな感じになりました。

猫テントの跡形なくぶっ壊されました。
猫テントを潰せるまでに成長した証と前向きに捉えましょう(笑)