猫が喉を鳴らして喜ぶ!マッサージローラーをやってみて!

猫とのスキンシップについて

猫と暮らしていく上で欠かしてはならないと強く感じているのが猫とのコミュニケーション、そしてスキンシップ。猫が人間の言葉をどこまで理解しているかはわかりませんが、朝は『おはよう』夜は『おやすみ』をきちんと伝えるようにしますし、ブラッシングをかけてあげる時も何かしら話しかけることを意識して過ごしています。時にはブラッシングをかけながら、今日あった出来事なんかを猫に伝えてみたり。

そんな猫とのコミュニケーション方法にはブラッシングやおもちゃで遊ぶなど様々な手段がありますが、今回オススメしたいのが猫へのマッサージなのであります。猫をマッサージするだなんてイメージが湧かない方もいるかもしれませんが、すごく簡単にマッサージできてしまう代物があるのです。

それがこちらの『全身マッサー術にゃんこの癒し』というネーミングのマッサージ器具です。ちょっとド派手なカラーが目を引くマッサージローラーです。たまたま見つけたのですが猫をマッサージできるアイテムを個人的に面白そうだと感じました。それに加えてとても手が出しやすい価格であったためダメでもいいやの精神で購入しました。

キャティーマン 全身マッサー術 にゃんこの癒し

キャティーマン 全身マッサー術 にゃんこの癒し

498円(06/26 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

『全身マッサー術にゃんこの癒し』の造り

『全身マッサー術にゃんこの癒し』ですが、持ち手の部分がピンク色、マッサージのローラー部分が紫色。これだけで成り立っている非常にシンプルなマッサージローラーです。

ローラー部分

ローラー部分はブツブツがたくさんついていてゴムのようなシリコンのような柔らか素材でできています。安心の柔らか素材のためブツブツ部分を当てても全然痛くありません。

持ち手部分

持ち手は握りやすい太さで全体的な長さもちょうどいいと思える長さです。2つのローラーで猫のからだを挟んでマッサージしても程よいバネのような力がかかるようになっていて絶妙なつくりになっています。バネがあることで猫のからだをマッサージする場所によって持ち手部分の幅がいい感じに広がってくれます。

ただ肝心なことは、いくら人間が気に入って合格サインを出したとしても、ゴールはこのマッサージ機を猫が気に入ってくれるかどうかということです。さて、我が家の猫とこのマッサージ機の相性は果たしてどうだったのでしょうか。

我が家の猫『全身マッサー術にゃんこの癒し』とご対面

えーっと・・・なんかびっくりするくらい喉をゴロゴログルグル鳴らす猫がいます。体をくねくねとくねらせて、角度を変えて、普段スキンシップの時にお腹を見せてくれることなんて珍しいのにお腹まで出してくる始末。

我が家の猫、飼い主の想像を遥かに超えて気に入っている・・・・・・・・我が家では頭の先端、首回り、体全体、お尻あたり(ほぼ全部じゃんって感じですね)をマッサージしていますが、どこをやってあげても気持ちがいいみたいです。マッサージを堪能しきっていない時にマッサージをやめると、マッサージローラーの前に鎮座して鳴いて追加マッサージを要求してきます。挙げ句の果てには、どうやらこのマッサージローラーに関してはアイテムのフォルムも覚えたようで猫の前で見せると突撃してきます。

我が家にとっては大当たりのアイテムになりました。なんなんでしょうね・・・・人間が過度に期待したり、奮発したアイテムに限って猫がまったく見向きもしてくれなくて、ダメなら仕方ないという軽い気持ちで購入したアイテムに限って飼い主の想像を超えて猫が食いついてくる・・・・。こんなエピソードも猫あるあるなんですよねー。

『全身マッサー術にゃんこの癒し』の注意点

今でこそ猫にとって大のお気に入りになったマッサージローラーですが、実は最初は違ったんです。我が家で実際にあったエピソードを教訓としてお伝えしたいと思います。

我が家で実際に起きたエピソード

この手のグッズって購入するとすぐに使いたくなってしまうのが飼い主の性だと思うのですが、焦りは禁物です。購入当時、新しい猫アイテムにウキウキした飼い主はローラーをかけようと猫の正面からマッサージローラーを近づけました。猫にとっては見たこともないものが目の前に近づいてくるわけです。猫にとっては興味よりも恐怖が勝ったようでマッサージローラーに猫パンチ。もう一発猫パンチして逃走。これ以降近づけようものなら逃げる始末・・・・。飼い主、またやってしまいました。ビビらせてしまいました・・・

お伝えできる教訓

この時ばかりはさすがにマッサージローラーのお蔵入りを覚悟したのですが、しばらく日を改めてから、猫にマッサージローラーが見えないように後ろからマッサージローラーを猫のからだにかけてあげると、ローラーの気持ち良さを実感してくれたのか、一発でトリコに。我が家の教訓からお伝えできることがあるとすれば『慣れるまでは猫がローラーを見ていない時に使う』ということでしょうか。我が家は猫がくつろいでいる時に、お尻あたりの部分からローラーをかけるようにして徐々に鳴らしていきました。気持ち良さをしっかりと自覚してくれるようになってからは、前からでも後ろからでもローラーをかけさせてくれるようになりました。こればかりは猫ちゃんによっても個体差があるかと思いますので、猫ちゃんのペースに合わせて徐々に慣れさせていくことが一番大切なのだと感じました。何事も人間目線で考えてはいけませんね。我が家も改めて勉強になりました。