[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc. 猫飼いの試行錯誤とは?

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

猫飼いの冬の課題・猫の防寒対策

寒い冬。厚着をした人間ですら寒いと感じるのですから、厚着のできない猫はきっともっと寒いんだろうな、と冬になるたびに思います。全身毛で覆われているといえど、猫は体温調整が苦手といわれています。冬を迎える前に、我が家も猫の防寒対策を毎年考えます。かれこれ猫と暮らし始めて数年経った今も、いまだに猫にとって一番いい防寒対策はなんなのだろうか、という疑問は消えません。毎冬、勉強の日々ですが、これまでの生活で学んだ猫の防寒対策が誰かのお役に立てるのではないかと思い、書いてみることにしました。

猫の防寒対策は何がいいのか検証してみる

人間用の防寒対策においても、湯たんぽなどのグッズを活用したり、暖かい家電に頼ったり、選択が色々あるのと同じように、猫の防寒対策も色々な方法があります。近頃は猫などのペット向けの防寒グッズがたくさん出ていますし、人間用の電化製品に頼る生活も間違ってはいないでしょう。我が家で挑戦した防寒対策を順番に綴っていきますね。

猫の冬の防寒対策 1:猫用のこたつ

猫と暮らし始めて、一番最初に思いついたのが猫用のこたつです。猫のサイズに合わせたこたつが発売されているんですよ。すごいですよね!あまりのかわいさに1年目の冬に迷わず購入した一品です。人間用のこたつは赤外線ランプが使われているのですが、猫の目にとって赤外線はあまりよくないそうなのです。その点、このこたつはペット用に作られているので、赤外線ランプが使われていないところが購入の決め手でした。

キャティーマン (CattyMan) 遠赤外線ペットの夢こたつ

キャティーマン (CattyMan) 遠赤外線ペットの夢こたつ

13,800円(07/30 11:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

テーブルと敷きマットと掛け布団のセットです。まさしく、THEこたつ!! 猫のサイズに合わせて作られたこたつのフォルムが、もはや美しいです。笑 掛け布団の中に猫が頭から入っていく姿をイメージしたのですが、布団をかけてテーブルを見えなくしてしまうと、中に入れるということが我が家の猫には理解できなかったらしく……仕方なく、掛け布団の一部を上げて、中に入れることを猫にアピールしてみました。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

少し興味が出てきたようで猫こたつの周りをウロウロし始めます。ビビりな性格もあってか、なかなか体全体で中に入ろうとしてくれません。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

しばらくすると、警戒心が薄れたのかこたつの中にイン。せっかくなので、こたつっぽくしたいという人間のエゴが出てしまい、上げていた掛け布団を下ろしてみると、怖かったようで、こたつの中から飛び出してきてしまいました……。申し訳ないことをしてしまいました。

これ以降、時々気まぐれでこたつに入ることはあったのですが、最終的には、残念ながらオブジェ化してしまったため、1年目の冬のみで出番終了。SNSで「猫 こたつ」のキーワードで検索すると、同じ商品のこたつの中でリラックスしている猫ちゃんの写真がたくさん出てくるんですが。やはり、同じようにはいかないものです。

気になる消費電力ですが、消費電力は20W、電気代は1日約3.6円(8時間使用/1日)。仮に24時間付けっ放しにしても、約10.8円。1ヶ月毎日つけたとしても約10.8円×30日=324円。カフェのコーヒーを1杯我慢すればほぼペイできる金額です。お財布にも優しいので、使って欲しかったのですが、こればかりは嘆いても仕方ありません。

この猫こたつはメルカリ行きとなりました。ほぼ使用せず、美品だったこともあり、6000円ほどで売ることができました。保管にも場所をとります。美品であれば購入してもらえる可能性が高いアイテムだと思うので、思い切って処分することもおすすめですよ。ただし、こたつ自体が大きいので送料がそれなりにかかったので、利益は4000円ちょっと?とかだったと思います。

猫の冬の防寒対策 2:ニトリの猫用Nウォーム

1年目の冬の失敗を踏まえ、2年目の冬にお世話になったのがニトリのNウォームクッション。あったかい素材で作られたクッションで、SNS「猫 Nウォーム」と検索すると、Nウォームの虜になった猫ちゃんの画像がたくさん出てきます。お値段はお財布に優しいニトリ価格で、一度購入してしまえば、電気代もかからなくて一石二鳥と考え、購入をしました。去年、購入した時のことをブログにも書きました。

冬に備える猫の防寒グッズはこれ! ニトリの「Nウォーム」でほかほかに!冬に備える猫の防寒グッズはこれ! ニトリの「Nウォーム」でほかほかに!

ずっと置いていましたが、我が家のお猫様はお気に召さないのか、一向に入る様子がありません。ちゅーるやおもちゃで釣って、なんとかクッションの中に入れるのを試みたこともありますが、作戦はことごとく失敗。猫のこたつ同様、これもオブジェ化したまま越冬。冬が完全に終わったら処分をしようと考えていたある日。ふと、家の中にいる猫に目をやると、こんな光景が広がりました。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

え、今更……!?ですが、後にも先にも、飼い主がクッションに入っている猫を見かけたのはこの時が最後となり、このクッションはクローゼットにしまわれています。

結局、使ってくれる様子がなかったので保管も断念。メルカリに出品することを考えたのですが、ニトリで購入したものなので、元々の値段がそこまで高額ではありません。そのため高い値段はつけられないけど、商品が大きいので送料がかかる。手間や利益を考え、メルカリに出品することは諦めて処分しました。

猫の冬の防寒対策 3:人間用のオイルヒーター

3年目の冬から導入したのが人間用のオイルヒーターです。オイルヒーターのいいところは、空気が乾燥しないこと、火事の心配が少なく部屋を全体的に温められるところです。我が家のオイルヒーターはデロンギです。予想に反して猫が気に入った様子だったので、デロンギの前に高さのあるダンボールを置き、そこで寝られるようにしてあげました。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

ほんのり暖かいのが気に入ったようで、冬の明け方はほぼこの定位置に。目が覚めて、この姿をみると、朝からなんとも幸せな気持ちになります。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

ただ、オイルヒーターのネックは電気代です。はっきり言って予想以上に高いです。冬の間、ほぼフル稼働した月は電気代が2万円を超えました……猫には優しいけど、お財布には優しくない……。夏でも電気代は8000円しないくらいなのですが、その倍以上。フル稼働はあまりおすすめできません。

猫の冬の防寒対策 4:猫のホットカーペット

デロンギのオイルヒーターを使い、オイルヒーターが気に入ってくれたのはわかったものの、電気代があまりにかかってしまう……。どうにかピンポイントに、かつリーズナブルに猫を温められないかと考えた結果、猫用のホットカーペットにたどり着きました。いろんなネットショップで探しまくったところ、Amazonで値段もお手頃、なおかつレビューが良かった「Pecute(ぺキュート)」のペットカーペットを購入しました。SサイズとMサイズがありますが、我が家はMサイズ(50cm×40cm)をチョイスしました。

実際に届いたのですが、想像していたよりいい感じです。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

カーペットカバーがネイビーとブラウンの2枚ついていて、コンセントは猫がかじっても大丈夫な素材になっています。コンセントを挿すだけでほんのりあたたかくなります。電源のオン・オフスイッチがあればよかったのですが、この値段ですし、許容しなくてはいけません。

我が家の猫は警戒心が強いこともあってか、カーペットに関心を持ちつつも乗ってくれません。……ということで、飼い主が使っているフェイスタオルをカーペットの上に敷いて、警戒心を弱める作戦を決行。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

明け方、布団の近くでモゾモゾと音がするので、目を開けてみると……

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

猫ホイホイが完成しました! これ以降、意外と気に入ってくれたみたいで、お昼寝する時やお留守番中にホットカーペットの上で寝ていることが多くなりました。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

一緒に添い寝をしてる気分を味わいたくて、枕元にホットカーペットを置いているのですが、時々、明け方一緒に寝てくれているようで、運がよければこんな姿を目撃できます。この姿を目撃できた日は幸せです。

猫の冬の防寒対策 5:エアコン

部屋全体を暖めるもので一番手っ取り早くて便利なものといえば、エアコン。夏はエアコンを利用しているのですが、冬は部屋の空気が乾くのが苦手で、使用していませんでした。部屋全体を暖めるには、エアコンしかないと思い、ワンシーズンだけ頼ってみることにしたのですが、我が家の(それなりに)高性能のエアコンでも空気の乾燥は避けられず……。エアコンを使うのであれば、加湿器はマストですね。ただ、加湿器もお水をこまめに入れたりしなくてはならないので、性格的に向き不向きはあるかと思います。部屋全体を手早く暖めるには、エアコンが抜群に優れていると感じましたが、我が家は、加湿器の手入れがめんどくさく感じてしまい、結局ワンシーズンしか使っておらず、冬にエアコンは使っていません。

猫の冬の防寒対策 6:ペットベッド

2020年の冬に導入したのが、ペット用のモチーフペットベット。幼少期の冬に母親と一度だけかまくらを作った経験があります。その時に子供ながらに驚いたのは、かまくらの中は風が吹かないので暖かいんです。その記憶がずっと頭のどこかに残っていて、猫にとってもかまくら状のおうちなら、風も入りにくいし暖かいのでは?と考えて購入してみました。アイリスオーヤマから、リーズナブルなのに可愛いペットハウスベッドが発売されています。我が家は雪ウサギというデザインのペットベットを購入しましたが、他にもクマやみかん、こたつなど、様々なデザインが毎年登場しているので、好みのベッドを探してみるといいでしょう。

アイリスオーヤマ ペットベッド 雪うさぎ PBL-U

アイリスオーヤマ ペットベッド 雪うさぎ PBL-U

2,980円(07/30 22:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

購入したはいいものの、我が家の猫は大変ビビりんぼです。購入して置いただけでは、興味よりも警戒心が勝ってしまうので入ってくれません。そこで、普段から愛用しているタオルケットをベッドの中へ。すると、匂いに引きずられたのか、警戒しながらも中へ吸い込まれていきます。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

恐る恐る……穴から顔がひょっこり

ものすごいお気に入りな場所になっているわけではありませんが、枕元に置いているベッドを覗くと、ひょっこりしている時もあり、飼い主は朝から悶絶です。

[猫の防寒対策]おすすめのあったかグッズや家電etc……猫飼いの試行錯誤とは?

朝に見た時の破壊力たるや……

まとめ

現状、我が家で一番役に立っている防寒グッズは猫用のホットカーペットとペットベッドです。とはいえ、毎年、毎年、色々と試しながら、今以上に愛猫の好みを把握しながら、温かくて心地いい空間を作りたいと思っています。さらに意識していることとして、温かくて心地いい空間を家の中に数カ所作ってあげて、気分によって選べるようにしてあげるのも、思いやりのひとつかなとも思うので、色々なもので試して猫にあった防寒対策を発見していきましょう! 色々試してみて改めて思うのが、猫って本当に人間の思い通りにならないってことですね。笑