猫の毛が取れ放題! ファーミネーターの威力が想像以上にすごかった!

猫のお手入れグッズ「ファーミネーター」がすごすぎる

猫のブラッシングは、猫飼いにとって必須ともいえるお手入れのひとつ。ブラッシングも色々と種類があるのですが、そのなかでもおすすめなのが「ファーミネーター」と呼ばれるお手入れグッズです。猫飼いの先輩である友人に「すごくいいから! 超おすすめだよ!」と言われていたグッズのひとつです。猫と暮らし始めた頃に、一度調べたことがあったのですが、お値段設定がそれなりに高価&お手入れグッズにそこまで値段を出す必要性を感じられず、購入を見送っていたものでした。

ところが、実際に暮らし始めてわかったのですが、ブラッシングが好みではない我が家の猫。ブラッシングに時間をかけることがなかなか難しいことがわかったので、なんとか短時間でお手入れできるものがないかと探したところ、再びたどりついたのがファーミネーターでした。

これがファーミネーターです!

ご存じの方も多いと思いますが、猫のブラッシンググッズとして、かなり有名のようです。ちなみに犬用も発売されているので、犬飼いの人もよかったら調べてみてくださいね。

猫のお手入れグッズ「ファーミネーター」について解説

我が家で大活躍中のファーミネーターは実際どんなものなのか? 興味はあるけど、高い故に購入をためらっている方もいるかもしれないので、どんなものなのか、わかるように説明していきますね。

ファーミネーターはこんなもの1:先端は結構尖っている

ファーミネーターの先端は思っていた以上に尖っている印象です。実験として、ファーミネーターの先端を人間の腕にあててみたのですが、痛すぎるわけではないですが、痛くないとは言い切れない。もし、ファーミネーターが床にころがっていて、それに気づかず、踏んづけてしまったら間違いなく痛みで声が出るだろうなと思いました。つまり、猫に対してもブラッシングする角度を間違えたり、力の入れ具合を間違えて先端が猫の皮膚に強く当たったら……と考えると猫へのブラッシングも加減も感がられるようになるでしょう

ファーミネーターはこんなもの2:毛をとるボタンがついている


ファーミネーターの上部にボタンが付いていて取れた毛をボタン一つで外すことができます。購入当初は別にこのボタンを使わなくても手でファーミネーターについた毛を取ればいいから別に必要ないなぁと思っていましたが、あると意外に便利。ブラッシングの最中にこのボタンを活用しています。

ファーミネーターはこんなもの3:持ち手はグリップで滑り止め防止


持ち手の部分は全体的にグリップで覆われていて、滑りにくくなっています。実際の握り心地も、握りやすい形状になっているので使いやすくブラッシングもしやすい印象です。個人的には持ち手部分の長さもちょうどいいです!

ファーミネーターの威力を実際に試してみる!


実際に我が家の猫をファーミネーターを使ってブラッシングした時の取れ具合です。これ、全然力を入れてないのに、1回背中をさーっとブラッシングしただけです。写真でこの凄さ伝わるでしょうか……。ファーミネーターを使い始めた当初の話になりますが、簡単に大量の毛が取れてしまうので、猫の毛がなくなってしまうのではないかと心配になるほどでした。あまりに心配になり、ファーミネーターの公式ページを訪れてみると、ホームページ内の「よくある質問」のコーナーに、そんな飼い主の心配を解消してくれるQ&Aを発見しました。

Question
ファーミネーターでブラッシングをしたら、驚くほどごっそり抜けました。抜けすぎて、禿げるのでは?と心配になりました。
出典:http://www.lhouse.jp/furminator/
飼い主が心配していた質問内容そのままですね。まるで飼い主が質問したかのような錯覚をおこしそうになりますが、同じような不安を持った方がいたと思うと、安心します。

Answer
ファーミネーターは、2~3週間後には抜け落ちる不要な毛だけをからめ取り、健康な毛を切ったり傷つけたりしません。安心してお使いください。
出典:http://www.lhouse.jp/furminator/
これを読んでホッとしたものです。きっと、我が家以外の猫飼いさんのお家でも、この回答を読んでホッとした方は多いのではないでしょうか。

ファーミネーターを使ってみた感想

どうしてもっと早く買わなかったんだろう!!という気持ちです。高価なだけあって、とてもいいです! ブラッシングが苦手な猫なので、ファーミネーターでささっとブラッシングを済ますことができるようになったのは、猫にとっても飼い主にとってもメリットがあると感じます。また、我が家は長毛の猫なので、毛がからまって毛玉ができることもよくあるのですが、ファーミネーターを使い始めてから毛玉ができにくくなったような気がします。ファーミネーターのおかげかどうかはわかりませんが、毛詰まりの嘔吐の回数も減っているように感じます。

ファーミネーター購入時の唯一の後悔

総じて購入してよかったのと思っているのですが、ひとつだけ後悔していることがあります。ファーミネーターにはサイズ展開があって、SサイズとLサイズが発売されています。我が家はSサイズを購入したのですが、Lサイズにすればよかったという後悔です。Sサイズにした理由はSサイズとLサイズの値段差をケチってしまったからです。今思えば、ずっと使うお手入れグッズなのだから、迷わずにLサイズにすればよかったと思うのですが、Sサイズでもそれなりのお値段がしたので、出し渋ってしまったんですよね。

実際使ってみると、我が家は長毛猫ということもあってか、毛が取れすぎてしまい、Sサイズだとすぐにファーミネーターの先端から毛が溢れてしまいます。ずっと使うことを考えると1000円の差なんて払うべき金額だったと思いますし、ここだけは後悔していることですね。買い直すのは悔しいので、我が家はこのままSサイズを使い続けることになると思いますが、これから購入を検討されている方、特に長毛猫の飼い主さんにはLサイズがいいのではないかなーと個人的に思います。ちなみに模倣品も出回ったりしているらしいので、購入時には注意が必要です!