子猫時代のご飯は注意が必要

子猫時代のご飯について

猫を迎え入れる時に悩んだのが猫のご飯でした。猫のご飯は少し探すだけでも『どれがいいの!?』って思うほどたくさんの種類があります。我が家は猫と暮らすのが初めてということもあったので、当時は見れば見るほどキャットフードの種類が多すぎて、何を基準にしてどんなフードを選んでいいのかがわかりませんでした。

そんな我が家が助言を受けたのは猫を譲ってくださったブリーダーさんでした。ブリーダーさんから猫のフードを突然変えるのは猫にとってよくないというアドバイスをいただいたため、迎え入れた当初はブリーダーさんのお家で食べていたものと同じフードを用意することにしました。調べてみると、子猫に限らず、猫にとって急にフードが変わることはストレスや嘔吐をする原因になる場合もあるようなので、フードの切り替えたい場合は既存のフードに新しいフードを少しずつ混ぜていきながら、新しいフードにシフトしていくのが望ましいようです。ブリーダーさんのお家で食べていたドライフードは『ロイヤルカナン』というブランドのものだったので、まったく同じものを用意しました。

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

2,800円(04/23 17:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

子猫のドライフードは一手間が必要

成猫のフードより一粒あたりのサイズが一回りくらい小さめにできているのが子猫用のドライフードです。食べやすいようにきちんと配慮がされています。さらにまだ体が小さい子猫の時は水でふやかして、フードを柔らかくしてあげるんですよね。これにはちゃんと理由があって、子猫の場合、まだからだの中も成長しきっていないため、子猫用のフードであっても固いフードをあげてしまうと、猫のからだの中でフードが消化できず、場合によっては下痢や嘔吐をしてしまう可能性があるからなんだそうです。人間の赤ちゃんと同じで猫のからだもデリケートで未熟なのです。人間の赤ちゃんにいきなり固形物を与えたりしませんよね?それと同じです。徐々にフードをふやかす水の量を減らしてフードの固さを調整していき、最後はふやかさない状態のドライフードを食べられるようにしてあげることがゴールです。我が家の場合、生後2ヶ月頃にやってきて、フードの完全切り替えは1ヶ月くらいかかりましたので、おおよそ生後3ヶ月くらいには子猫用のドライフードがカリカリの状態で食べられるようになりました。

我が家の場合もそうでしたが、夏場にドライフードをふやかして与える場合は、こまめにフードを取り替えて、痛んだり、腐らないようにして食あたりにならないように気をつけた方がよいと思います。


↑ようやく100%カリカリデビューしたての頃の猫

水で全くふやかされていない、100%固形のドライフードが食べられるようになった時は成長を感じて、ちょっと感動してしまいましたよね。

フードは小さいサイズをこまめに買いましょう!

最近のドライフードは大容量サイズも数多く存在しています。キロ単位で考えると1キロとか2キロをこまめに買うより大容量サイズの方が値段も安かったりします。ですが、大容量サイズを注文しようとしている方は気をつけてください。我が家でも安さに惹かれてネットで大容量のドライフードを注文したことがあります。数日後、宅急便のお兄さんが配達にきてくれたのですが、なぜか、荷物のダンボールがいつものダンボールのサイズではありえない大きさである事に気がつきます。不思議に思いながら荷物を受け取り、開封。衝撃の光景が広がりました。


↑それがこちら・・・・

大容量サイズを優先して探し出してしまい、よく確認しないまま10キロサイズのフードを注文していたようです・・・・・とんでもない失態を犯してしまいました。

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 10kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 10kg

9,980円(04/23 02:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

この失敗を経験してから、フードはキロあたりの値段が割高に感じてもこまめに買うようになりました。失敗からの学びは大きいですね。猫を飼っていらっしゃる皆さま、これから飼おうとしている皆さま、フードを買う場合は最大でも2Kgまでがよろしいかと思います。値段を考えると、つい大容量を買いたくなってしまいがちですが、風味等の観点からも小さいサイズをこまめに買うのが正解かと飼い主は強く思うのであります。