[猫のペット保険]加入するべき? 猫飼いが必要性を考えた結果、たどり着いた答え

[猫のペット保険]加入するべき? 猫飼いが必要性を考えた結果、たどり着いた答え

僕たちの保険は必要かどうか考えるニャ

猫と暮らし始めて「ペット保険」に入るべきか迷っている方もいるのではないでしょうか。飼い主さんによって考えかたはさまざまかと思いますが、猫初心者の猫飼いは一体どのような決断をしたのでしょうか。

猫のペット保険は必要か考える

人間の「医療保険」のような、もしもの時に備えておく「ペット保険」。猫と暮らすことになり、加入するかどうか迷ったもののひとつです。猫と暮らし始めた当時、ペット保険について調べましたが、さまざまな会社からプランが販売されているものの、どこの会社も大きく差はない印象。とはいえ、どの保険会社を選んだとしても、月1000円以上かかるので、年間で考えると1万円以上かかります。さらに、猫の月齢が上がれば、当然のことながら病気のリスクも高まるため、人間の医療保険と同様に月齢が上がるにつれて保険料が上がっていきます。

猫と暮らすことを決めた時に、実際にペット保険に加入するかどうか真剣に考えました。人間の医療保険で考えると、保険金を請求するのは稀。おそらくペット保険も同じようなことになるのでは……と思ったのですが、なにせ猫と暮らすのが始めてのため、判断材料が少なすぎる。

そこで、周囲で猫や犬を飼っている先輩たちに、ペット保険に加入しているかどうかを聞いてみました。

周囲のペット飼いの医療保険の加入率

当時、周囲でペットを飼っている友人5〜6人に聞いてみたのですが、誰もペット保険に加入していませんでした。これには驚き!

加入していない理由はさまざまでしたが、主に下記の理由でした。

  • ペットとはいえ保険料が高い
  • 病院に行くことがないから
  • 人間も入ってないからペットもいらないと思った

あとは月齢が高い猫ならまだしも、子猫なら病気にもならないだろうし、大丈夫という意見もありました。ペット飼いの先輩たちの話を参考にしペット保険の加入を見送ったのですが、その後、我が家ではペット保険の重要性を感じる出来事があり、結果的に加入に至りました。いったい、どんなことが起きたのか、書いていきたいと思います。

<ペット保険加入の経緯>猫、明らかに元気ない事件

以前のブログでも書いたのですが、我が家の猫は、我が家にやってきてから2週間ちょっとで体調崩し、動物病院デビューをしました。

猫が体調を崩したときの様子は? 変化を見逃さなかった猫飼いの話猫が体調を崩したときの様子は? 変化を見逃さなかった猫飼いの話

そのとき、動物病院でいくらかかったと思いますか? 治療費、なんと8000円!!

人間が病院にかかっても、保険証があるので医療費は3割負担ですみます。ただ、猫には保険証がありませんから、全額自費です。全額自費になることはわかっていたのですが、実際に動物病院で診察してもらっても、「高くても4000円くらいだろう」と考えていたので、請求された金額に衝撃を受けました。ちょっと贅沢な飲み会に行けるレベルですよね。この時ばかりは「ペット保険に入っていれば……」と後悔しました。

とはいえ、動物病院は頻繁に通うものではない……とわかってはいたものの、実際8000円請求された時のインパクトが強すぎてしまい、我が家は“安心料を払う”という意味も込めてペット保険に加入することを決めたのでした。

ペット保険はこんな猫飼いさんにおすすめ

数社比較して、我が家はアクサダイレクトのペット保険に加入しました。アクサダイレクトの場合、プラン50とプラン70があり、プラン50だと治療費の半額、プラン70だと治療費の7割が戻ってきます。我が家はプラン70に加入したので、かかった治療費の7割が戻ってきます。もちろん、すべてが保証の対象ではなく予防接種など保障対象外のものもありますので、その点はお気をつけください。

そして、その後、飼い主が楽天ユーザーということもあり、楽天でのお買い物のポイント倍率をあげるために、アクサダイレクト から楽天ペット保険に変更しました。楽天のペット保険は楽天カードで支払いをすると、SPUでポイント倍率が1倍プラスされるのでおすすめです。ちなみに変更するときに、アクサダイレクトとの保障内容の違いを調べてみましたが、大きく差はないと判断し、変更しました。楽天ユーザーさんにはおすすめです。

楽天ペット保険▶︎こちら

さて、実際にどんな方がペット保険の加入に向いているのでしょうか。飼い主なりに考えてみました。

飼い主が心配性

我が家は飼い主がとても心配性。猫の異変に気づくと、すぐに病院に連れて行きます。これまで嘔吐(嘔吐の際に胃を傷つけたのか、血が混じったときも……)、目をシパシパさせている、などの症状で病院に連れて行った経験があります。心配性の方は安心料を払うという考えで加入するのもいいのかなと思います。

振り返ってみると1年に1回以上病院へ行っている

予防接種以外の用事で、1年に1回以上病院へ通院される方も入ってもいいのかなと思います。体調不良等で動物病院へ通院した際、1度だけの通院で終わらず、獣医さんから「◯日後にもう一回来てください」と言われることがあります。薬を再度処方されることもあるので、トータルで考えるとそれなりの診察料になります。7割返ってくるペット保険のありがたみを感じたものです。

[猫のペット保険]加入するべき? 猫飼いが必要性を考えた結果、たどり着いた答え

こんな大あくびは平和の証!

ペット保険の必要性は飼い主さんの性格や考え方、猫ちゃんのからだの状態にもよります。必ずしもペット保険に入ることが正しいことではないと思いますが、我が家の経験談を参考にしていただき、加入に迷われている方の手助けになれば嬉しいです。