[2018年8月]エアコンフル稼働。猛暑な夏の猫飼いの電気代とは?

[2018年8月]エアコンフル稼働。猛暑な夏の猫飼いの電気代とは?

猫飼い、猛暑な夏を振り返る

2018年も気がつけば、あっという間に9月も半ば。あまりにしんどかった猛暑の夏が終わりました。2018年の夏ほど、エアコンの実力を実感したことはありませんでした。先日、ブログで2018年7月にかかった電気代を公開しました。

[2018年]猫と猛暑すぎる夏を乗り越えた家のリアルな電気代[2018年]猫と猛暑すぎる夏を乗り越えた家のリアルな電気代

2018年7月の電気代は、思っていた以上に高くありませんでしたが、2018年8月はどうだったのか、かかった電気代をしっかり公開したいと思います。猫飼いの皆様の参考になれば幸いです!

2018年8月はエアコンフル稼働!

契約している電力会社は東京電力、間取りは1LDKでエアコンはリビングについている1台をフル活用です。我が家のエアコン状況については、7月の時よりも少し変化がありました。昨年の夏の比較と合わせてみてみましょう。

エアコン温度 稼働時間 備考
2018年8月 28℃〜29℃ 8月は毎日フル稼働 7月は29℃でしのいでいたが、あまりの暑さに耐えきれず、1℃下げる
2018年7月 29℃ 7月上旬からフル稼働 フル稼働を考慮して温度を少し高めに設定。電気代は7877円
2017年 28℃〜29℃ 7月は稼働してない日もあった。稼働しても日中の3〜4時間のタイマー。夜も寝る前1時間タイマーで残りは扇風機 電気代は7000円くらいだった記憶

2018年の7月はエアコンの温度設定を29℃にして稼働していましたが、8月に突入してからは、あまりの暑さに耐えきれなくなり、エアコンの温度を1℃下げることになり、28℃がベースの設定温度でした。猫をお留守番させる日中だけでなく、朝も夜も暑いのでエアコンを消すタイミングがなく1ヶ月フル稼働で頑張ってもらいました。その代わりといってはなんですが使っていない電気はこまめに消し、使っていないものはコンセントから抜くようにして待機電力を減らすように努力はしたつもりです。

2018年8月の猫飼いの電気代とは!?

待機電力の節電は意識していましたが、7月よりもエアコンの設定温度を1℃下げたため、7月よりも電気代は跳ね上がると予測していました。1万円以内でなんとかおさまってくれないかと思いながら、請求書を確認すると……

[2018年8月]エアコンフル稼働。猛暑な夏の猫飼いの電気代とは?

おおおおおおお……!! 安い……!!

7623円!
2018年7月の電気代は7877円だったので、254円安くなっています。1℃温度を下げたのにびっくりです。待機電力の節電が役にたったのか、エアコンの電源を入れたり切ったりしなかったからでしょうか。

請求書を踏みつけるお猫様

猫と暮らす猛暑を振り返って思うこと

2018年の夏は7月上旬頃からエアコンをフル稼働しましたが、そのおかげもあってか猫も人間も熱中症になることもなく、無事に夏を超えることができました。

フル稼働することにより、電気代を懸念していましたが、2ヶ月通して飼い主が怯えていたような電気代にはならず、若干拍子抜け感が否めません。以前、友人から「家電は電源を入れた時に一番電力がかかる」という話を聞いたことがあります。聞いた時は信じていなかったのですが、8月はエアコンの電源を一度も切ることがなく、付けっ放しでもこの電気代だったので、友人の言っていたこともあながち間違っていなかったのかもしれません。

こんなことなら、もっと早くエアコンの力を借りていれば良かったと思わざるをえませんが、猫がいなければ、今でもエアコンを使っていなかっただろうなと考えると、エアコンを使うきっかけをくれた猫には感謝をしなくてはいけませんね。人間自身が抱いている思い込みは、時として判断を間違わせてしまうということにも気づいた夏なのでした。