キャットフードはどう選ぶ? 猫の食いつきは? 猫飼いのドライフード遍歴とリアル評価

ぼくたちのご飯をどう選ぶかニャ

人間にとっても、猫にとっても食事はとても大切です。で、あれば猫が毎日食べるキャットフードもこだわりたい。おいしく食べてほしい。そんなことを思っている猫好きの方は多いと思います。じゃあ実際どれを選べばいいのか?と迷う方もいると思います。猫と暮らす方にとって、少しでも参考になればいいなと思い、愛猫のキャットフード遍歴と実際の食いつきなどの評価を書いていきたいと思います。

キャットフード選びで猫飼いがこだわったこと

猫が魚をくわえているイラストがあるので、猫=魚って思ってる方もいるかもしれませんが、実は猫は肉食の生き物です。野良猫時代には、ネズミや鳥を狩ってそのまま食べていたくらいの完全な肉食動物なんだそうです。

そのため、キャットフード選びで一番こだわっているのが“主原料が穀物でないもの”です。

キャットフードにはわかる範囲で成分表を見るようにしています。成分表は配合量の多いものから記載されるルールなので、最初に穀物系の記載があるものは避けています。ちなみに主原料が穀物になっているものはリーズナブルです。人間のお財布には優しいけど、猫の健康とってはどうなのだろう?と思うと、手を出す気になれず、ここはこだわっているところです。

愛猫のキャットフード遍歴振り返り

では、ここからは実際に愛猫が食べたことのあるキャットフードを振り返っていきたいと思います。実際に愛猫の食いつきや、飼い主が感じたことを書いていきます。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用 2kg

3,264円(10/06 01:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

猫を譲り受けたブリーダーさんのおうちで食べていたご飯がロイヤルカナンでした。ブリーダーさんから、慣れない環境に移動した子猫にとってご飯まで変えてしまうのは好ましくないという理由から同じものを選択しました。

ロイヤルカナンの評価
食いつき
(5.0)
値段
(4.0)
種類
(2.0)

成長期ということもあってか、よく食べていました。愛猫を大きく成長させたのはロイヤルカナンのおかげといってもいいかもしれません(笑)。満1歳になるまで、ロイヤルカナンのご飯で過ごしました。

ときどき、ドライフードの上に同じロイヤルカナンのウェットフードを乗せてあげていましたが、こちらもしっかり食べていました。見た目的にもニオイ的にも人間が嗅いでも美味しそうに見えて、食べようかなと思ったこともあるほどです(笑)。

子猫用のご飯は一種類しかないので星2としていますが、成猫用のフードはたくさん種類があるので目的や年齢に応じて選ぶことができると思います。

ナチュラルチョイス

満1歳を過ぎ、これまではロイヤルカナン一択でしたが、一度くらい他のご飯も試してみたくなり、たどり着いたのがナチュラルチョイスでした。これを選んだ理由は、さまざまな種類のものが発売されていて、味や目的に応じて選べると思ったからです。お値段も高過ぎず安過ぎない価格設定で続けやすいと思ったこと、最後の決め手はネットショッピングの口コミも上々の評価だったことです。肉以外の味を試してみたかったので、穀物フリーのアダルトサーモンをあげていました。

ナチュラルチョイスの評価
食いつき
(2.5)
値段
(4.0)
種類
(5.0)

食いつきを2.5としていますが、これには理由があります。ナチュラルチョイスをあげていた時期、キャットフードの保管がうまくできていなかったようで、猫がまったくご飯を食べてくれない時期だったからです。

猫がドライフード食べてくれない事件に悩んだ猫飼いが解決のために実践した3つの対策とは?猫がドライフード食べてくれない事件に悩んだ猫飼いが解決のために実践した3つの対策とは?

そのため、2.5としていますが、SNSの猫仲間の飼い主さんはナチュラルチョイスをあげている方が多くいらっしゃり、おいしく食べているようです。保管方法をきちんとして、風味を保っていれば、食いつきは違った評価になっていたかと思うので、食いつきは参考程度にみていただけるといいかもしれません。

オリジン

Orijen(オリジン) キャットフード キャット&キトゥン 1.8KG

Orijen(オリジン) キャットフード キャット&キトゥン 1.8KG

6,490円(10/06 10:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

ナチュラルチョイスの食いつきが悪くなり、丸一日ご飯をひとくちも食べてくれないときにワラにもすがる思いで購入したのがオリジンでした。1キロあたりの値段を見てもわかるように、キャットフードの中では高価な値段設定になります。ただ、高いだけあってか、猫のからだの構造も踏まえて原材料や製造方法にかなりのこだわりがあるようだったので、試してみることにしました。

オリジン公式サイト

個人的にはご飯を作る場所のことを「工場」と呼ばずに「キッチン」と呼ぶあたりも本当にこだわりと愛情を持っているのかなと思ったのも購入の決め手です。

オリジンの評価
食いつき
(4.5)
値段
(2.5)
種類
(2.0)

こだわりの製法もあってか、猫の食いつきはよかったです。ただ、他のブランドに比べても値段が高いので、お財布には優しいとは言い難いかもしれません。また、別の懸念としてご飯の種類も少ないので、味に細かい猫ちゃんには合わないという場合もあるかもしれません。

ワイルドレシピ

このままオリジンを続けようかと思ったのですが、もう少しリーズナブルかつ猫が気に入ってくれるご飯はないだろうか。そんな思いでたどり着いたのがワイルドレシピです。実はナチュラルチョイスの兄弟ブランドということもあり、気になって試してみることにしました。

ワイルドレシピの評価
食いつき
(4.0)
値段
(3.5)
種類
(2.0)

どうやら気に入ってくれたようで、食いつきも悪くないです。ナチュラルチョイスの上位版のような位置づけなのか、ナチュラルチョイスより少し値段は高くなりますが、高タンパクで穀物フリー。味はチキン、サーモン、白身魚の3種類しかないので、種類が少ないことがネックではありますが、幸いにも白身魚が気に入ってくれたようなので、好みの味も定まりました。

ソリッドゴールド

長らくワイルドレシピの白身魚で過ごしていたのですが、2022年頃からまたご飯を残す日が目立つようになりました。ネットの購入履歴を振り返ってみると、ワイルドレシピを2018年から約4年もあげていたことになります。丸4年毎日同じご飯……。そうだよね、さすがに飽きるよねと思い、ネットサーフィンしまくって探したブランドです。聞いたことないブランドだったので、ワイルドレシピ一択だったあいだに出てきたブランドなのかもしれません。

ソリッドゴールドの評価
食いつき
(4.0)
値段
(3.0)
種類
(2.0)

味が変わったからなのか、このご飯が気に入ったのかはわかりませんが、食いつきは悪くありません。驚いたのが、ウンチのニオイがまったくしなくなったことです。ただその反動なのか、ウンチが固くなってしまったからなのか、ウンチをする前にお腹が痛くなるようで嘔吐をすることが増えました。猫の嘔吐は毛玉を吐き出すことがほとんどなのですが、えずいても毛玉は出てこない。えずいて、数分後にトイレに入り、ウンチをする頻度が増えたのです。人間のみなさんも、からだが痛すぎて気持ち悪くなったことってありませんか? それと同じなのかなと考えてみると、猫に痛い思いさせてまで食べてほしいとは思っていないので、このご飯はしばらく様子見です。

今はたくさんの種類のキャットフードありますし、猫ちゃんの好みが大いに反映されるものだと思うので、正解はないのだとも思います。我が家も、ご飯については、いまだにゴールが見つかったとは思っていません。ちなみにキャットフードは保管方法もかなり大切なんですよ! 間違った方法で保管してしまうと、猫の大事な栄養源であるフードは酸化したり湿気てしまい、風味が落ちてしまいます。真空容器などで鮮度を保つ工夫もお忘れなくです!

保存方法を変えてから、猫の食いつきも変わりました。一時、ドライフードに悩んでいた時のことを書いているので興味があればぜひ読んでみてください。

猫のドライフード保存には真空容器が便利すぎた! おすすめは「OXO(オクソー)」猫のドライフード保存には真空容器が便利すぎた! おすすめは「OXO(オクソー)」

他にも気になるフードとしては「HALO」「アボ・ダーム」「アカナ」あたりも気になっています。試してみたら、また記事を書いてみたいと思います。