お祝いにぜひ!猫向け簡単手作りプレートのご紹介

お祝いに用意したい『お祝いプレート』

こんにちは〜!
今日は飼い主が猫のお祝いに作ったお祝いプレートの作り方をご紹介をしたいと思います!

家族や友人同士で誕生日やお祝いをすることってありますよね?そんな時は『お祝いのプレート』を用意したり、その逆でありがたいことに家族や友人に用意してもらうことがあるかと思います。こういうのって期待してなかったとしても、実際にお祝いしてもらうと、いくつになっても嬉しかったりしますよね。

そんなお祝いを猫にもやってあげたいと思い、2歳のお誕生日に誕生日プレートを作ってみました。実際に作ってみると、思いのほか簡単だったので、猫好きの皆様にも真似していただければな、と思ったのでご紹介したいと思います。

『プレート作り』に必要なアイテムは4つ!

そこまで器用なタイプではないので、インスタ映えするような凝ったプレートを作ることはできないとわかっていたので、自分の実力の範囲内で作れるようなプレートにしました。

プレート作りに用意した材料はたった4点!

鶏のささみ(ゆがいたもの) 1本
型抜き 好みのデザインでOK

貝印 kai ポコッと 野菜抜き chuboos お弁当 応援 FG-5184

貝印 kai ポコッと 野菜抜き chuboos お弁当 応援 FG-5184

398円(12/19 19:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

100均などでも型抜きが売っているので、そちらで調達してもよいでしょう。

CIAOちゅーる 1本

CIAOちゅーる とりささみ 海鮮ミックス味 14g×20本入

CIAOちゅーる とりささみ 海鮮ミックス味 14g×20本入

688円(12/19 15:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
ドライフード(いつも食べてるものでOKです) 数粒

キャット ワイルドレシピ アダルトチキン 成猫用 2kg

キャット ワイルドレシピ アダルトチキン 成猫用 2kg

3,080円(12/19 19:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

ペット用お祝いプレートの作り方

では、早速作り方に参りましょう!時間は30分〜1時間くらいでできてしまうと思います。簡単ですよ!!

①一番のキモとなる型を作成する

ゆがいたささみをほぐして、型抜きに押し込んでいく。ここでポイントになることが2つあります!ひとつはなるべく型抜きの中に隙間ができないようにささみを小さめにほぐして押し込んでいくこと。ふたつめは型抜きにささみを入れたあと、30分ほど冷蔵庫で冷やすことです。この手間をかけるだけで、型抜きからささみを抜く時に、ささみが崩れずにキレイに外すことができるからです。

②型を型抜きからゆっくり抜く

プレートにしたいお皿に型抜きしたささみを外してプレートに置く。この時もつまようじなどの細かいアイテムを使って型抜きをすると、形が崩れないのでオススメです。

③チョコペンの要領で文字を書く

CIAOちゅーるを使って、文字を書きましょう。なるべくちゅーるの開け口は狭い方が細い文字がかけるので、あまり大きく開けない方がよいでしょう。

④仕上げのバランスを整える

ドライフードを数粒、プレートに置いてバランスを取りましょう。

これで完成です!!!
冷蔵庫で冷やす時間を入れたとしても、1時間かからないくらいで作れました。

完成形はこんな感じでした。

ささみを使って型抜きしたデザインは、左側がハート、右側が猫です。ハートはデザインが単調なので、ささみを詰めることも、型抜きをすることも簡単でした。ちょっと不器用だな、という方はハートや星などのデザインから挑戦するのもいいと思います!反対に、猫は足などの細かい部分もあったので、詰めるのも型抜きするのも少々時間がかかりましたね・・・・

早速愛猫へ!食べてくれるかドキドキ

2歳の誕生日を迎えた時に作ったプレートですが、猫の食いつきはこんな感じでした!!!

『うんまーー!!』って声が聞こえてきそうな食いつきっぷり。まぁ、ささみ&CIAOちゅーるという、我が家の猫にとって大好物をふんだんにつかったプレートなので、これで食べてくれなかったら悲しすぎるので、食べてくれて嬉しかったです。

我が家の猫は、1回のご飯であんまり量を食べないのですが、このプレートはいつもの食欲はどうしたの、ってツッコミたくなるくらいぺろりと完食でした!

プレート制作の裏側もご紹介

猫って嗅覚がとってもすぐれているんですよね・・・・

そのため、絶対バレないようにコソコソ作っていたつもりなんですが、人間にはわからない『好物の匂い』を嗅ぎ分けたのでしょう・・・何度リビングへ行くように促しても、何度も何度もキッチンへ戻ってきて、しまいにはこれです・・・

↑キッチンに置いておくと、今にも食べ始めそうにしていたので、お預けしたワンショットです。

キッチンの上に上がってくるぐらい気になってくれたのだと思うと、とっても嬉しかったですが、この猫対応で10分くらい時間ロスった気がしています(笑)

いかがでしたでしょうか?
興味を持たれた方は、ぜひ作ってみていただけると嬉しいです!