猫がドライフード食べてくれない事件に悩む

猫と暮らす飼い主が悩んでいたこと

一時期、真剣に悩んでいたことがありました。それは猫が栄養を摂取するための大切なドライフードを食べてくれなくなった事でした。

もともと出したご飯を完食できるタイプの猫ではありませんでしたが、ある日からドライフードの食いつきが悪い日が目立つようになりました。当時は猫があまりにドライフードを食べてくれないので心配になり、ネットで何かわかる原因はないかと色々調べました。SNSでは似たような内容で悩んでいる飼い主さんもいらっしゃって、自分のところの猫だけじゃないのかとホッとしたのを覚えています。今日はそんな我が家で起こった『猫がドライフード食べない事件』について書いていきたいと思います。

ドライフードを食べない原因の仮説

なぜ急にドライフードを食べてくれなくなったんだろうと心配になり、飼い主なりにいろんな原因を考えてみました。飼い主が考えた限りでは原因は3つあるのではないかと考えました。

仮説①ドライフードの味がおいしくない・・・?

一番最初に思いついたのがこの理由だったのですが、当時はずっと同じドライフードをあげていたので、突然味が変わったわけでもなかったのです。もちろんブランドも同じですし、フレーバーもこれまでとまったく同じ。それでも以前は食べてくれていました。ご飯がおいしくないのであれば、もっと前から食べなくなってもいいはずですよね。例えば、ドライフードを別ブランドに切り替えたタイミングで食べなくなったのであれば、この仮説も考えられそうですが、ドライフードが変わったわけではないので、我が家ではこの仮説が原因とは断定できませんでした。

仮説②ご飯が湿気っている・・・?

我が家の猫は食事は時間が決まっておらず、自由に置いているドライフードを食べることができる『フリースタイル』。我が家にやってきた当初はきちんとご飯の時間を決めて、ご飯の量を1回ごとに調整していた時期もあったのですが、我が家の猫は食が細いのか、1回でご飯を食べきれないことがわかったため、最終的にいつでも自由に食べることができるフリースタイルに変更しました。当時のことを思い返してみると、朝に出したドライフードを夕方になってもそのままにしていることがありました。取り替えないことによってドライフードが湿気ってしまった可能性は捨てきれない。そのため、猫がフードを食べてくれなくなったのかもしれないというこの仮説はありえそうだと考えました。

仮説③ドライフード以外のおいしいものを知ってしまった・・・・?

子猫時代にウェットフードを与えていた時期もありましたが、我が家では栄養素が含まれているドライフードで栄養を摂ってほしいと思っていたので、ほぼドライフードで育てていました。ところがしばらくしてから様々な猫フードを与えたくなってしまいました。スープ仕立てのフードとか見れば見るほどおいしそうなウェットフードをたくさん見つけてしまい、1歳半くらいから、猫のおやつであるちゅーるやドライフードの上にウェットフードを添えて与えるようになっていました。

その結果、ドライフード以外の美味しい味を知ってしまい、ドライフードを食べなくなってしまったのではないか?という仮説です。旦那からはこれが原因だと言われました。そう言われてみるとドライフードの上にウェットフードをのせてあげると、ウェットフードだけキレイに食べきり、その下にあるドライフードには口をつけない傾向がありました。これが原因とは言い切れないですが、これも原因のひとつではあるかもしれないとは感じ、むやみにあげていたことを反省しました。

仮説に対しての対処方法

どうやったら食べてくれるのだろうかと飼い主の対策が始まりました・・・・とはいえ、突然何かを大きく変えることは、猫にとってもストレスになる可能性があるので、少しずつ対処するように気をつけていきました。

対策①酸化していないドライフードを買い直す

色々ネットで調べて見ると、猫は嗅覚が優れているので、ちょっとの味の変化にも敏感に感じてしまうということを知りました。そして、キャットフードもきちんと保存をしないと酸化してしまって、開封時よりも風味が落ちてしまうらしく、結果的に猫が食べなくなるということはあるようでした。ドライフードの色は茶色いことがほとんどかと思いますので、人間の目で見てフードが酸化しているかどうかだなんて正直わかりません。正直匂いを嗅いでもわかりませんでした。我が家のドライフードの保管方法はジップロックでドライフードを小分けにしていましたが、ジッパーをきちんと閉めていない事もあったので、わずかな隙間からキャットフードが酸化してしまっていた可能性は否めない。その為、酸化していないキャットフードを買い直しました。

対策②ウェットフードを封印する

ドライフードを買い直したタイミングで、心を鬼にしてドライフードの上にのせていたウェットフードも封印。とはいえ、いきなりウェットフードがなくなってしまうとフードそのものを食べてくれなくなる可能性も考え、猫用のかつおぶしをなるべく細かくして、ドライフードに混ぜてあげてみました。

対策③フードを夕方に一度取り替える

相変わらず食が細いので、猫が自由に食べられるフリースタイルは続行。そのかわりフードも夕方に一度取り替えてなるべく新鮮なものを置くようにしました。

考え抜いた対策の結果とは??

飼い主の性格的に成果が早めに見えないと焦ったり不安になってしまうのですが、グッと我慢してしばらく様子を見ると、完食はしない日もありますが食べてくれるようになりました!

徐々にかつおぶしの量を減らし、なるべくドライフードだけで食べてもらうように現在も頑張っているところです。かつおぶしは人間用のだと塩分が多く含まれているそうなので、猫用のかつおぶしにしています。これまでブログに何度かCIAOちゅーるが登場していますが、これ以降、ちゅーるは『ご飯を完食した日にしかあげない』ルールにしています。意外に甘やかしてないんですよ。

最終的はゴールはかつおぶしも混ぜずにドライフードだけを食べてくれること!!これにはもう少し時間がかかりそうなので、辛抱強く猫のペースと気持ちに合わせてやっていこうと思っています。

便利すぎ。猫のドライフードの保存は真空容器にお任せ!