Amazonで買った猫アイテムの顛末

猫飼いあるある『猫グッズ』買いたい病

『これ欲しい!』『これ買ったら使うかも!?』『これで遊んでるところ見てみたいー!』と思ってしまうのが猫飼いの性(さが)。ネットショッピングが主流になった今、暇さえあればネットでいろんなアイテムを見つけては、ついついポチってしまいます。猫のおもちゃは高すぎず安すぎない値段設定のものが多い印象なので『失敗してもいいや』的な発想で購入してしまうことも多いです。消費者心理をうまくついているなと感じることがあります。こんな気持ちになるのも猫飼いあるあるではないでしょうか?

Amazonで買ったアイテムご紹介

我が家もこれまで様々な猫グッズを購入してきましたが、今回は我が家がAmazonで購入した猫グッズをご紹介したいと思います。そして猫グッズと対峙した猫の様子も合わせてご紹介します。

購入猫グッズ①『ジャングルジム』

Amazonをみていて一目惚れして即買いしたのがこのジャングルジム。高すぎない値段設定も魅力的でした。

2段になっているジャングルジムで、上段と下段は穴が開いているので行き来できるようになっています。生地は猫の大好きなシャカシャカ素材。右側は猫が乗れるスペースになっているので、ここで眠ってくれたりトンネルの中に入ったりして、猫にとって隠れ家のような場所になればいいなーと思って購入。実際にジャングルジムと対峙した我が家の猫の使い方はというと・・・・

飼い主が思っていた使い方がちょっとちがう・・・・・猫は高いところが好きと言われていますが、できる限り高いところにいたいのか、ミニトンネルの中にはあまり入ってくれません。眠れるスペースも猫的に気にはなってるけど、ビビりな性格もあってか乗ってくれる気配がありません。しばらく置いていたのですが、あまりお気に召してくれなかったのか我が家の猫は遊んでくれる頻度は少なかったです。ただ、このジャングルジムがキッカケで猫をもっと高いところに行けるようにしてあげたいなと感じ、大きなキャットタワーを購入することになりました。これがなかったら今でもキャットタワーを購入していなかったかもしれませんのでキッカケをくれた忘れがたい一品です。

買って大正解な猫アイテム『キャットタワー』

キャットタワーがあるので、このジャングルジムは解体してしまいましたが、SNSでは同じジャングルジムで喜んで遊んでいる猫ちゃんを見かけます。ジャングルジムは解体された状態で届きますので、組み立てる必要があります。説明書もついていますし、組み立て素材も全部とっても軽いので、女性ひとりでも全く問題なく組み立てることができます。正確な時間は忘れてしましましたが、30分もかからずに組み立てができましたよ!

購入猫グッズ②『ニャンコロビー』

値段がリーズナブルなのにまるっとした可愛らしい見た目と、取れそうで取れない音が鳴るボールが入っているのが猫にいいかな、と思って購入しました。ニャンコロビーはサークル型と四角型があるのですが、我が家は丸みのデザインが気に入ってサークル型にしました。サークルの一番外側に溝があって、その中にカラカラ音がするボールが3つ入っています。ボールは絶対取れない仕様になっていて、サークルの中心は爪とぎになっています。ボールで遊べる上に、爪とぎで爪を研ぐこともできる。一石二鳥ですよね。

早速置いてみました。

猫『な・・・なんだ、これは?』

ちょいちょい・・・・・

もっと溝に入ったボールに食いついてくれるかと思ったのですが、ボールはどんなに頑張っても取れないと気づいてしまったのか、ボール遊びはカラカラカラ〜って少し遊んだら満足してしまいます。意外だったのが、きっと使わないだろうなと思っていたニャンコロビーの真ん中のせまーーーーーーい爪とぎ場所でで一生懸命爪を研いでいることでしょうか。一生懸命でかわいい姿ですよ。これは買って正解なアイテムでした!

購入猫グッズ③『ニャンだろー!?光線』

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

800円(07/16 03:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

ネーミングのセンスがすごいですね。ずっと気になっていてつい最近、我が家に仲間入りしました。

会社でパワポの説明をする時に使うレーザーポインタと同じものと考えていただいてよいかと思います。真ん中にあるボタンを押すと光ってレーザー光線のようなものがでます。その光を猫が追いかけることができるおもちゃです。レーザーはネズミの形になっていて、まさしく猫がネズミ(の光線)を追いかけることになります。

写真だけだとイメージつきにくいかもしれませんが、めちゃくちゃ食いつきがいいです(笑)
これはいい意味で裏切られました。

ちょっと見づらいかもしれませんが、動画だとイメージつきやすいかと思います。

あまりに無心になって追いかけてくれるので、声を出して笑ってしまうレベル。・・・と、同時に実態のないものを夢中で追いかける猫に罪悪感も感じる不思議なアイテムです(笑)

『おりゃ!』

『つ・・・捕まえたい!!!』


レーザーの電源を切ると遊び足りないのか、近くに寄ってきて遊んで、と言わんばかりに鳴きます。そんな気に入ったのか・・・という驚きのレベルです。

最後に

買っても買っても、探せば探すほど、面白くて、飼い主の購買意欲を掻き立てる猫グッズがたくさん売られています。どれもこれも買うのもありですが、我が家の猫が使ってくれたら・・・という想像をして探してみるのもとても面白いと思います。猫によっても反応は全く異なるので、SNSの猫ちゃんは使ってくれたのに!なんて気持ちは猫には通用しないところも、また魅力的なのです。ご興味を持たれた方はぜひ探してみてくださいね。