岩合ワールド全開。ほっこり間違いなしの映画『ねことじいちゃん』

映画『ねことじいちゃん』を観る

猫好きであれば外せないでしょ!・・・ということで、2月22日の猫の日に公開された、映画『ねことじいちゃん』を観に行ってきました。この映画は同名の漫画を実写化したもので、それだけでも話題ではあったのですが、監督があの岩合光昭さんが初の監督をつとめたことでさらに注目を集めた映画です。岩合光昭さんといえば、猫好きの方であればご存知の方も非常に多いと思いますが、大変有名な動物写真家の方でNHKの『岩合光昭の世界ネコ歩き』ファンの方も多いのではないでしょうか。


この優しい表情をされていらっしゃる方が岩合光昭さんです。猫の目線に立って猫の撮影をする方でも有名です。普段読んでいる猫漫画が実写化されるだけでも観に行く理由になりますが、監督が岩合光昭さんであれば、行かない理由はありません!!!余談ですが、2月22日の猫の日に公開されたのはたまたまではなく、岩合さんが意図的に合わせた公開日だったそうです。さすが岩合さん。猫愛に溢れていますね。

映画『ねことじいちゃん』のあらすじ・キャスト

映画『ねことじいちゃん』のあらすじとキャストも簡単にご紹介しておきます。

映画『ねことじいちゃん』のあらすじ

あらすじ
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して――。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは――?
出典:映画『ねことじいちゃん』公式サイト

原作はイラストレーターのねこまきさんが書かれている同名の漫画が原作になっています。漫画でねこまきさんが描かれる大吉さんをはじめとする登場人物は非常に優しいタッチで描かれています。漫画も読んでいるだけでとても癒されてほっこりします。

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねことじいちゃん (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ねこまき(ミューズワーク)
1,100円(10/22 07:31時点)
発売日: 2015/08/07
Amazonの情報を掲載しています

映画『ねことじいちゃん』のキャスト

原作のほっこりする世界観を実写で演じるキャストは落語家の立川志の輔さんをはじめとする豪華キャストの方々です。

登場人物
大吉:立川志の輔
タマ:ベーコン
美智子:柴咲コウ
若村健太郎:柄本佑
サチ:銀粉蝶
剛:山中崇
内村聡:葉山奨之
よしえ:田中裕子
巌:小林薫

主演の立川志の輔さんは『ねことじいちゃん』で初めて主演をつとめたことでも話題になりました。実写化にあたり、監督の岩合さんご自身が大吉役は立川志の輔さんしか考えられなかったようで、直接オファーをされたのだとか。一度は志の輔さんに断られたようですが、何度か話し合いをされて、志の輔さんもオファーを受けてくださったようです。さらに、映画オリジナルキャラの美智子は猫好きの芸能人で有名な柴崎コウさんが演じていらっしゃいますが、柴崎さんも岩合さんからのオファーで引き受けたようです。有名女優の首を縦に振らせる、岩合さん、さすがですね。

映画『ねことじいちゃん』の感想

ほっこり。
ほのぼの。

岩合さんの世界観がしっかり詰まった映画だということが最初の感想です。観終わったあとのほっこり感は最近の映画ではなかったかもしれません。ほっこり、ほのぼのして、いつもと変わらない日常。ただ、その日常がどれほど貴重であるかということを映画を通して改めて考えさせられました。そして、ひとりでは生きていけないということ、だとすれば、人とどのような繋がりをつくっていくのかも約2時間の映画の間に考えさせられました。人として、もっとしっかりせねばならんなと思わされました。

マンガでも食事のシーンはよく出て来ますが、食のシーンもとても丁寧に大切に描かれています。ねこまきさんが自ら描かれたレシピノートも映画中に出て来ますが、あたたかい色味のレシピノートでさすがの一言です。

もちろん猫はあらゆるシーンでたくさん出てきます。場面に応じてしっかり演技(?)している猫ちゃんたちの賢いこと!猫好きにはたまらないです。猫が可愛すぎました。猫観たさにもう一度観たいくらいです。この映画に我が家の猫が出たらどうだっただろうと、つい考えてしまいましたが、我が家の猫はあんな賢くカメラの前におさまっていられないだろうなと思うと、映画に出ていた猫ちゃんたちは本当にすごいなーと感心しました。

猫をみてもほっこり、料理を見てもほっこり、人と人との関わりを見てもほっこりできます。猫好き、岩合さんファンの方だけでなく、いろんな方にぜひ観ていただきたい映画ですよ!ちなみに、映画と同名の写真集も発売されています。この写真集、なんと、まさかの、岩合さん自らが撮影に参加した猫を撮ったものをまとめた写真集です!!!表紙は映画の猫主演も務めた、たまことベーコンです。かわいいー。

写真集「ねことじいちゃん」

写真集「ねことじいちゃん」

岩合光昭
1,760円(10/22 07:34時点)
発売日: 2018/12/18
Amazonの情報を掲載しています

迷わず購入しました。


写真集をみるだけでも映画のワンシーンを思い出すことができますし、岩合さんの世界観を感じる写真集になっています。岩合さんのように写真を撮ることはできないとわかってはいるものの、こんな風に猫を撮影してみたいと、岩合さんの写真集をみるたびに思うものです。

映画『ねことじいちゃん』のパンフレットが面白い

普段映画を観ても、パンフレットは購入しない派なのですが、今回は猫×岩合さんということで、迷わずパンフレットを購入。岩合さんの映画初監督への想いなども語られているので買って正解だったのですが、注目はパンフレットの表紙です。

可愛らしいピンクの表紙の真ん中に猫の顔があるパンフレットなのですが、このパンフレットの猫の顔部分は猫の顔の形にくり抜かれているのです。つまり、こういうことができるわけです。

猫の顔を当てはめることができるんです。岩合さんの家の玉三郎くん、かわいくおさまっていますね。我が家の猫の場合はどうでしょうか。早速、我が家でもパンフレットのくりぬき部分に顔を当てはめてみました!

わーーー・・・・怒ってるーーーーー・・・・・・・。岩合さんのお家の玉三郎くんの写真と大違い〜〜・・・・。ちゃんといつもの表情で当てはめてくれたら絶対可愛いのに、被り物といい、こういう写真は我が家のお猫様は本当にダメですねぇ・・・でも、可愛いからまたはめこんで撮ってしまいそうです。

映像の中からも岩合さんの猫への愛が伝わる『ねことじいちゃん』、猫好きの方にも、癒しを求めている方にもオススメの映画ですよー!