エアコンフル稼働も怖くないと知った猫飼いの2019年夏の電気代

猫飼いの2019年夏の振り返り

9月中旬になり、少しずつ秋めいてきました。夜はひんやりする時間帯も増えてきたせいかい、8月のうんざりする暑さも、今となっては懐かしくなりました。2019年の夏もなかなか厳しい暑さでしたね・・・。そこで今回は2019年の猫飼いの夏の振り返りをしようと思います。猫飼いにとって夏に一番悩ましいのが「猫の暑さ対策」です。かかりつけの獣医さんの話によると、猫は人間のように体温調整が上手ではないのだそう。そこで、猫が夏でも過ごしやすい環境を整えてあげることはとても大切なんだとか。

我が家は猫と過ごす夏も4年目に突入し、昨年までは様々なひんやり猫グッズを投入していました。そんな猫飼いが2019年夏を過ごすにあたり、決めていたことは「ひんやりグッズを投入せずに夏を越すこと」でした。心境の変化とでもいいますか、少しシンプルな生活に立ち戻ってみようという、飼い主の気まぐれもあります。おそらく、猫と暮らし始めて、初めて猫向けのひんやりグッズを買わなかった夏でもありました。猫のひんやりグッズを買わないということは、我が家にある既存のものを駆使して夏を越すということです。それはなんだったのかということをご説明したいと思います。答えは簡単です!

エアコンです!!!!(笑)

そうです、今年はエアコンオンリー(時々ちゅーるアイス)で夏を超えることが可能なのか、仮に超えられたとしても果たして電気代がどれくらいになったのかを記録として残しておきたいと思います。

2019年夏を越した我が家について

簡単にですが、我が家の間取りはこんな感じです。1LDKでリビングの角に元からエアコンが1基設置されています。リビングの隣が寝室になっており、引き戸の扉になっています。ただ、この扉を閉めてしまうと、猫が部屋中を自由に行き来できなくなってしまう上に、リビングのエアコンの風を寝室に送ることができなくなってしまうため、リビングと寝室を繋ぐ戸を閉めることはほとんどありません。逆にいえば、リビングのエアコンだけで寝室にも風を送ってもらう必要があるので、エアコンの負荷は少し高めなのかもしません。

2019年の夏を過ごした所感として、猛暑を感じた2018年ほど暑くなかった印象ではありましたが、それでも8月の上旬からエアコンはフル稼働。

■エアコンの種類:Panasonic(もともとついてるやつですが、多分まぁまぁいいやつ)
■エアコン稼働時間:24時間フル稼働
※電源を切ることは一切なく、24時間1ヶ月以上稼働してもらいました
■エアコン温度:冷房29℃
■契約している電力会社:東京電力

エアコンとフル稼働したおかげで人間は寝苦しさもなく、そして一番心配していた猫も暑そうにしている様子はなかったですが、フル稼働をすると気になるのが「電気代」ですよね。ちなみに、2018年の夏のエアコン稼働の記録も残しているので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

エアコンフル稼働。猛暑な夏の猫飼いの電気代とは?

2019年夏・エアコンフル稼働の結果

先日2019年8月分の電気代がポストに投函されておりました。毎年夏は電気代の明細を見る時はドキドキします。果たして、結果はだったのでしょうか!?

なんと、まさかの5,881円!!!2018年よりも2000円近くも安くなっている……これは驚き……。2018年のほうが、待機電力を気にしてコンセントをこまめに抜いたり、使っていない電気は消したりして気を使っていたような気持ちなのですが、それよりも遥かに安いとは……。こんなに安い夏の電気代も初めてかもしれません。

便利なことに東京電力の明細書には、昨年同時期の使用料が印字されているんですが、昨年に比べて18%も減少していました。18%って結構すごい値ですよね。

あまりの安さにお猫様もご満悦のようでした!!

猫飼いが猫と何度か夏を越して気づいたこと

実は飼い主自身が猫と暮らすまで、“エアコンは高い”という先入観があって、夏場はエアコンをつけずに過ごす人間でした。窓をフル全開にして、暑さに耐えきれない時だけ扇風機に頼る、どちらかと言うと、わりと昭和チックな方法で夏を越していました。猫と暮らすようになってから、さすがに人間のエゴを猫に押し付けて猫にとって過ごしにくい夏を過ごさせるのは飼い主失格だと思い、様々な工夫をこらして本格的にエアコンに頼る生活を始めたのが2018年夏。そして2019年と夏もエアコンをフル稼働させた結果、ひとつの結論に達しました。

つべこべ言わずに夏はエアコンに助けてもらう、ということです。

懸念していた電気代は、2018年も2019年も思ったほどの額でもないです。猫もエアコンがついていることもあって、部屋の中で自由にのびのび過ごしています。もし、人間が寒いと感じるのであれば、パーカーを羽織ったり、靴下を履いて体温調整をすればいいだけなのだと気づいたのです。2019年の夏もエアコンフル稼働で過ごしてたどり着いた答えです。人間もいくつになっても新しい学びがあるなぁと感じさせられたものです。

世の中どんどん便利になっていって、今でも便利に頼りすぎるのもいいとは思いませんが、頑張りすぎたり、無理をしすぎることもよくないということにも気づいたのです。猫と暮らすまで、アンチエアコン派だった飼い主の考えを変えた我が家の愛猫の存在って、改めて本当にすごい存在だな、とも気づかれた2019年の夏でした。