猫のペット保険の加入は必要?

猫のペット保険加入は必要か考える

猫と暮らすと決めた時に入る必要があるかどうか検討したのが『ペット保険』でした。ペット保険というのは、人間でいう医療保険のような保険商品です。結論からお伝えすると、我が家ではペット保険に加入しています。当初は我が家もペット保険の加入に悩んだ経験がありますので、今回はペット保険の加入までに我が家で思った事、起きた事の経験談を交えてお話しようかと思うので、加入に迷われている方の参考になれば嬉しいです!

決して安くないペット保険の保険料

ペット保険も人間の医療保険と同じように様々な会社で発売されています。人間の保険の考え方と同じで猫も月齢が上がるにつれて、保険料が上がっていきます。月齢を重ねるごとに病気のリスクが高まるのは、人間も猫も同じと考えたら納得ですね。ペット保険は人間の医療保険と比較をすると価格は安いですが、どの保険会社を選んだとしてもほぼ月々1000円以上かかりますので、年間で考えると、1万円以上はかかる計算になります。ここで考えを人間に置き換えてみると、人間の医療保険の場合、万が一の為に加入している人がほとんどで実際に怪我や病気をして保険料を請求するシーンって実はあんまりないんですよね。万が一のための安心料として医療保険代を払っている感覚。人間で考えてみても請求頻度の低い医療保険。果たしてペット保険に入る必要があるのか、当時は判断できず悩みました。

周囲のペット飼いの医療保険の加入率

ペット保険の加入について夫婦で相談しても、どちらも猫と暮らすのは初めてのことで結論がでなかったので、周りにいる猫飼いの友人たちにペット保険について意見を求めてみることにしました。あくまで周囲の意見になりますが、周囲で猫を飼っている5,6人に聞いてみたところ、誰一人としてペット保険に加入していませんでした。

加入していない理由も様々でしたが主には保険料が高いから、病院に行くことがないから必要ないという意見が多かったです。月齢が高い猫であるならまだしも子猫なら大丈夫という意見もありました。周囲のペット飼いの先輩たちの意見も参考にして、一旦我が家でもペット保険の加入を見送ったのですが、加入を見送った直後に我が家である出来事が起こりペット保険の重要性を感じることがありました。

【ペット保険加入エピソード】猫、明らかに元気ない事件

以前のブログでも書かせていただきましたが、我が家の猫は、我が家にやってきてから2週間ちょっとで体調を悪くしてしまい、動物病院デビューをしました。

猫の些細な体調不良のサインを見過ごさないで!

初めての動物病院にかかった金額は・・・・・・なんと8000円!!!

人間の場合だと保険証があるので3割負担で受診ができますが、猫に保険証はありませんから全部自費です。そこまではわかってはいたのですが、『高くても4000円くらいかな〜』と考えていたので、動物病院で請求された金額に衝撃を受けました。さすがにこの時ばかりは『ペット保険に入っていれば・・・・』と後悔をしたものです。動物病院には頻繁に通うものではないですし、通わない方が猫が元気という証にもなりますが、我が家はこの経験を通して安心料を払うという意味も込めてペット保険に加入することを決めました。

ペット保険はこんな人におすすめ

数社比較をして、我が家はアクサダイレクトのペット保険に加入しました。アクサダイレクトの場合、プラン50とプラン70があり、プラン50だと治療費の半額、プラン70だと治療費の7割が戻ってきます。我が家はプラン70に加入したので、かかった治療費の7割が戻ってきます。もちろん、すべてが保証の対象ではなく予防接種等の保証対象外のものもありますので、その点はお気をつけください。実際にこんな場合はペット保険の加入が向いているかもしれません、

飼い主が心配性

我が家は飼い主が心配性の性格もあってか猫の様子がおかしいと、すぐに病院に連れて行こうと考える傾向にあります。我が家は猫が嘔吐しただけで心配になってしまい、病院に連れて行った経験もありますので、心配性の方は安心料という考えで加入するのもいいのかなと思います。

1年に1回以上病院へ行く

予防接種以外の用事でなんだかんだで1年に1回以上病院へ通院される方も入ってもいいのかなと思います。我が家でも動物病院へ通院した際、1度だけの通院で終わらず、獣医さんから『◯日後にもう一回診せに来てください』と言われたことがあります。薬を再度処方されたこともあったのでトータルするとそれなりの診察料になりましたので、7割返ってくるペット保険のありがたみを感じたものです。

最後に

ペット保険の必要性や加入には飼い主の性格や考え方、猫ちゃんの体の状態にもよりますので、必ずしもペット保険に入ることが正しいことではないと思いますが、我が家の経験談を参考にしていただき、加入に迷われている方の手助けになれば嬉しいです。