猫が窓からニャルソック!ウインドウベッドを購入してみた

『ニャルソック』が大好きな猫のために

猫が家の窓から外を眺めてパトロールする光景を猫飼いの間では『ニャルソック』だなんて言いますが、我が家の猫ももれなくニャルソックは大好きです。特に窓を開けて網戸にしてあげると、風も入ってくるのが心地よいのか、窓の前から離れません。そんなニャルソックを愛してやまない我が家の猫のために、ペット用の『ウインドウベッド』を購入してみました。

犬・猫用の『ウインドウベッド』とは

『ウインドウベッド』という言葉を聞いたことがない方もいるかもしれませんが、簡単に言うと、窓に取り付けることができるベッドのことです。犬や猫のペット用に作られた画期的なアイテムなのです。こんな商品もアイデアですよねー。猫飼いの購買意欲を掻き立てるのがうまいです!猫グッズの中では決して安いとは言えない価格帯なので、購入を迷ったのですが、どうしてもこのベッドを使ってほしいと思い購入に至りました。

K&H イージーマウント ウィンドウベッド デニムブルー

K&H イージーマウント ウィンドウベッド デニムブルー

4,860円(08/22 04:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

部屋にマッチするカラーとシンプルデザイン

我が家が購入したウインドウベッドは5種類のカラー展開です。どの色も落ち着いたトーンの色味でどんな部屋にもマッチしそうなシンプルなデザインが個人的にとても好みで購入するキッカケになった一つの理由です。

吸盤で窓に装着

窓にどうやってベッドを取り付けるのかと言うと、吸盤で装着します。吸盤はベッドの左右にそれぞれ1つずつ、ベッドの下の部分に1つついていて3つで窓についたベッドを支えることができるようになっています。吸盤なので当然支えられる体重に限界はありますが、説明書には10キロまで大丈夫と書いていたので多頭飼いの猫ちゃんがいるご家庭でも使えるアイテムですね。我が家の猫は3キロちょっとなので、体重部分は余裕でセーフです。

中にはマット付き


ウインドウベッドの中にはグレーのマットがついています。薄すぎず、分厚すぎずの厚みでベッドにきちんとマッチするサイズになっています。もし汚れてしまったり、猫が噛んでボロボロにしてしまった場合は家にあるフェイスタオルやタオルケットなどでもマットの代用できるかと思います。むしろ、そっちの方が飼い主の匂いがついているので猫にとってもいいかもしれませんね。

我が家でも『ウインドウベッド』を装着!

飼い主の期待の猫アイテム『ウインドウベッド』。我が家は5色展開の中でも個人的に一番落ち着きを感じたブラウンを楽天で購入しました。届いたペットベッドがこちらです。

最初の印象としてはもっと大きなベッドが届くと思っていたので想像よりコンパクトな印象です。デザインはネットサイトで見た時のイメージと大きく違いはありませんでした。

早速窓に取り付けてみましょう。ベッドを装着してもカーテンで隠れてしまうとベッドが見えなくなってしまい、猫にウインドウベッドがあることを気づいてもらえない可能性があると判断し、我が家はカーテンをクリップで裾上げしてベッドを見えるようにセッティングしました。猫にとっては高い場所にあった方がいいのだと思いますが、まずは慣れてもらうためにも、猫がさっとジャンプして乗れる低めの場所に設置しました。

ウインドウベッドと対面した猫の反応


飼い主が窓でごそごそとやっていたので、気になった猫も近くにやってきました。ベッド自体が見慣れないものなので警戒もしていますが、のぞきこもうとしたり興味もありそうな様子です。ですが、乗らない。やっぱりちょっと高い場所にあるので怖いのかもしれません。これはしばらく様子を見てみる必要がありそうです。

ウインドウベッドと対面した猫の反応〜1ヶ月後〜


ウインドウベッドと初対面してから1ヶ月が経過しました。窓に設置されたベッドの様子はこちらです。残念ながら1ヶ月窓に設置し続けましたが、飼い主が家にいる間にベッドを使ってくれた形跡が一切ありません。つまり、完全なオブジェ化をしています。ベッドがあることに気づいていないのかと思い、設置当初よりベッドの位置をさげてみたり、何度か猫を抱っこしてベッドの上に乗せてみたのですが、3秒もしないうちにベッドから降りられてしまい、写真すら撮らせてもらえません。悲しい。

設置から1ヶ月のウインドウベッド。使用した痕跡がないので、新品のようにとてもキレイです。こんなことを言うのはとても悲しいですが、このウインドウベッドは我が家は失敗だったようです・・・・。結構高かったのに・・・・。悲しい。

使ってくれない猫グッズ。そんな時は『メルカリ』の出番!

せっかく高価な買い物でしたのでしばらく隠してまた設置したら使ってくれるかな、と思ったりもしたのですが、淡い考えはやめてすっぱりとメルカリに出品することにしました。以前のブログ記事でも書きましたが、我が家は1ヶ月経過して使ってくれない猫グッズはメルカリに出品してキレイなうちに買い取ってもらう方法をとっています。購入してくださる方にとっても商品はなるべく未使用に近くてキレイな方がいいですしね。

猫飼いが経験したメルカリで売れた猫アイテム

ここで購入してもらった分を次回の猫グッズの購入代金に充てて、これからも色々なアイテムを試してみたいと思います。それにしても、人間がよいと思うものと、猫がいいと思ってくれるアイテムには違いがあるのだと言うことを今回のウインドウベッドで改めて勉強させられました。我が家の猫がウインドウベッドに入ってくれる写真を撮れなかったことだけが無念でなりませんが、また猫が気に入ってくれるアイテムを探し出したいと思います。