長毛猫の換毛期は要注意!

猫の換毛期(かんもうき)って知ってますか?

こんにちは。

タイトルにもありますが、猫には【換毛期(かんもうき)】というのが存在するのをご存知でしょうか?
知ったような口を聞いていますが、飼い主は猫と暮らして約1年後に猫に【換毛期】というものがあることを知りました。

我が家では換毛期というものを知らずに生活をしてしまったために、我が家の猫に申し訳ないことをしてしまった経験があります。換毛期についてご存知ない方もいるかもしれないので、換毛期にまつわる我が家で起きた出来事を書かせていただこうと思います。

猫の換毛期(かんもうき)って何?

換毛とは季節に合わせて体温調整をするために毛が入れ替わることです。
冬を終えて春夏に向けて毛が入れ替わる3月、夏を終えて秋冬に向けて毛が入れ替わる11月の年に2回訪れるのが換毛期です。
地域によって気温にバラつきがあるので、多少の換毛期の時期のずれはあるようですが、おおよそこれぐらいの時期と認識しておいて良いかと思います。

春夏に向けた換毛時期に事件発生

冬が終わり、春を迎える3月になりました。

我が家は5月に猫を迎えたので、普通に考えれば11月頃に換毛期を迎えているはずなのですが、その時期が換毛期であることも、ましてや猫に換毛期というものがあることすら知りませんでした。当時ブラッシングは欠かさずに毎日行なっていましたが、猫の毛がいつもより多く取れていることにも、きっと気がつかなかったのだと思います。そのため、1度経験していたであろう、換毛期に気づかないまま生活を続けていました。

『オワァァーーン。オウゥゥゥ』

突然、我が家の猫が今まで聞いたことのない鳴き声で泣き始め、部屋の隅っこでえづき始めました。あまりに突然の出来事、目にした事のない光景にどうしていいかわからず、情けないことに立ちすくむことしかできませんでした。

次の瞬間。

『ゲエェェェェェェ・・・・』

聞いているのがかわいそうなくらいの嗚咽と共に猫が嘔吐をしました。猫の嘔吐をみたのも、その日が初めてでした。何を吐いたかも、なぜ吐いたかもわからず、急いで猫を抱きかかえようとすると、つらそうな体で逃げるのです。ますますどうしていいかわからず、場所を変えて嘔吐を続ける猫を遠目から見るしかできませんでした。この時は自分の無力さ、無知さを思い知らされ、情けない気持ちでいっぱいになりました。

嘔吐物を見ると、おそらく猫の胃の形であろう細さで何かがぎゅっと圧縮されたようなもの。ありえない形にとまどいつつ、圧縮されたものをみてほぐしてみると、断定はできないけど毛っぽい・・・・

でも、猫の口からこんなものが出てくる想像がつかず、何か変なものを食べて、それを吐いてしまったのではないかと思い、慌てて動物病院に駆け込みました。

嘔吐の原因は何?

嘔吐の原因はブラッシング不足による毛詰まりが原因でした。

嘔吐した後の猫はケロっとしており、病院で触診などをしてもらっても異常なし。
嘔吐物も獣医さんに確認してもらったところ、猫の毛の塊(ヘアボールというらしいです)であることがきちんとわかりました。
獣医さんからは『換毛期だから、毛が詰まっちゃったんだね』と言われ、その時に猫には換毛期というものが存在し、今がその時期であること、その時期はブラッシングを念入りにする必要があることを知りました。

知らなかったとはいえ、知らなかったでは済まされない出来事に、自分の不甲斐なさに情けなくもなりました。

換毛期に潜んだ危険なリスク

その後、色々と調べて知ったのですが、猫が自分の毛を毛づくろいして毛を飲み込んだ場合、大体の場合は便として排出するようです。便として出なかった場合は今回のように嘔吐物として吐き出すようですが、体内に留まり続けて塊が巨大化して『毛球症』になるリスクもあるのです。この場合、投薬治療、最悪の場合は開腹手術になる可能性もあるのです。毛球症にならなかったのは不幸中の幸いだと思いますが、こんな風にリスクから守ってあげられるのも、私たち飼い主なのです。


↑と、ある日の収穫

我が家の猫は長毛の猫なので、毛のつまるリスクは短毛の猫ちゃんよりも高いかと思うので、それからは換毛期と呼ばれる時期はブラッシングのコツコツ作戦を頻繁にして、未然に防いでいます。

猫を危険から守ってあげられるのは私たち飼い主。きちんと自覚をもって、毎日猫と接していかないといけませんね。