猫の気持ちは鳴き声でわかるのか!? 猫飼いが一緒に暮らして学んだこと

猫が鳴く理由とは?

猫と暮らしていると1日に何度も聞くであろう猫の鳴き声。いろんなトーンや様々な場所で『ニャー』と鳴く猫の姿は、それだけでものすごくかわいいものです。でも、ただ鳴いてるだけじゃないんですよね。一緒に暮らして感じるのは、猫が鳴く時は何かを要求したり、自分の気持ちを伝えたい時です。そして、飼い主は鳴き声やしぐさで猫の気持ちや考えてることをわかってあげる。それも飼い主のつとめのひとつだと思うのです。

じゃあ、あなたの家は猫の泣き声の意味をすべて理解しているのか?と言われると、100%わかっています、とは言えないかもしれません。でも、一緒に暮らすようになってわかるようになってきた自負はあります。今回は我が家の猫を例にして、猫の鳴き声についてまとめてみたいと思います。猫がどうして鳴いているかわからないよ……という方の解決のお力になれたら、とても嬉しいです。

猫の鳴き声別シチュエーション

猫の鳴き声は場面によって意味合いがかなり異なる印象です。場所やトーンでなるべくわかってあげるようにしたいものですよね。

猫の泣き声のシチュエーション1. 『開けてほしい……』のニャー


こんな風に扉の前に座って鳴く時はだいたい『開けてほしい』の時です。頑張って自分で開けようとするんですが、当然ながら、扉はしっかりしまっているので開きません。扉をめっちゃかいてるところなのですが、爪を立てないところが親バカ心剥き出しですが、本当に偉いんです(笑)

こんな健気に要望されたら開けないわけにはいかないので開けてあげるんですが、開けてあげると途端に興味がなくなるようで、扉の先に行かないのが我が家のお猫様。『そっちに行きたかったんじゃないの?』って最初は思っていたんですが、我が家の場合は扉がしまってて行けない場所(自分だけが行けない場所があること)があることが嫌なのかなと思ったりしています。さすがお猫様ですねぇ……

猫の泣き声のシチュエーション2. 『遊んでほしい……』のニャー

いろんなおもちゃを使って我が家の猫と戯れることもありますよね。猫の機嫌によっても食いつきの違いはありますが、遊び足りない場合は、おもちゃの近くに寄ってきて鳴きます。この鳴き声はとてもわかりやすいですよね。『もっと遊んで、遊んで』のおねだりですね。普段はツンデレで全然きてくれないのに、そんな時に限って……と思いつつ、そんな姿がたまらなく可愛いものです。

余談ですが我が家の猫は一時『飴』を追いかける遊びにハマっていました。コンビニなどで売られている、いろんな味が入った大容量パックの飴です。飴の袋が猫の大好きなカサカサ素材で中に飴が入っているので程よく重みもあり、遠くにも投げられます。当時はそのバランスの良い飴が我が家の猫には大ヒットだったようで、投げては追いかける遊びをしていた時期がありました。

その時期、朝、ふと起きたらこんな光景が。

どうしても朝から飴を投げて欲しかったらしく、枕元まで持ってきて飼い主が起きてくるのを待っていたようです。飼い主は一気に眠気覚めて、その姿に萌えて、慌ててカメラを起動しました(笑)こんな姿も健気でかわいいと思ってしまう瞬間です。

最近だと以前ご紹介したアイテムの『ニャンだろう光線』がとてもお気に入りらしく、光線がなくなると『光線つけて、つけて!』と言ってるかのように鳴きます。

猫の泣き声のシチュエーション3. 『トイレがしたい』のニャー

我が家の猫は1日に1回ウンチをするのですが、ウンチの前は必ず部屋を落ち着きなく鳴きながら歩き周ります。大体毎日同じ時間に用を足すので、そのぐらいの時間に鳴き始めたらウンチの合図です。この時、人間は猫が用をたすまで構ったりせず、猫がトイレに入って終わるまでの行方を見守るだけです。

トイレが終わった後はトイレが終わった爽快感からか部屋中を縦横無尽に駆け回ります。俗に言う『トイレハイ』というやつですね。突然ハイスピードで部屋を駆け回るので物音はびっくりしますが、ウンチが出て嬉しいらしく、部屋中を駆け回る姿は何度見ても可愛いものです。

猫の泣き声のシチュエーション4. 低い声で鳴く『ニャー』

普段は甲高い声で鳴く猫ですが、時々、どこから声を出しているのか驚くほどの低い声で鳴くことがあります。この泣き声は聞きたくない鳴き声です……。

我が家の猫の場合だと、普段聞き慣れない低い声での『ニャー』や『ウァオーン』と鳴く時は嘔吐する直前がほとんど。低い声で鳴いたかと思えば間隔を開けずにえづき始め、最後は嘔吐をします。猫からすると『気持ち悪くて吐きそうだよ』と教えてくれているのかもしれませんが、飼い主にとっては、猫がつらそうに吐こうとしているのを見る前兆なわけなので、できることならこの鳴き声を聞くことのないように、ブラッシングを日々行ってケアを怠ってはいけないのだなぁ、と改めて思わされるのであります。

最後に

猫飼いの皆様には共感いただけるシーンもあったのではないでしょうか。たかが鳴き声だけど、されど鳴き声。鳴き声に耳と傾けて些細な変化に気づいてあげられるような飼い主になりたいものです。猫の気持ちを完全に理解することは難しいとしても、可能な限り猫の気持ちに寄り添って理解をして、猫にとって可能な限り自由で幸せな毎日を過ごしてほしいなぁ……と願わずにはいられません。